トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月23日 (月)

北山の茶室住宅の話 -きっかけ-

2338
 私たち夫婦は,しばらく茶室のある住宅に住んでいた.その試みは1年と8ヶ月という割と短い年月で頓挫してしまったが,なかなか面白い経験がたくさんできた.ある出来事を体験した瞬間は絶対忘れないと思うものだが,実際にはほとんどの物事を忘れてしまう.茶室住宅のことも決して忘れないだろうと今は思っているが,10年後,20年後には細部のことは忘れてしまうだろうと思い,このブログにメモとして残すことにした.

 茶室住宅を最初にみつけたのは義姉だった.たまたま帰省していた義姉が,義父母の引越し先をインターネットで検索していたのだ.引っ越した後に,よく「こんな物件どうやって探したの?」と聞かれ,「インターネットで」と答えるとびっくりされた.インターネットがこれだけ普及されていなかったら,私たちと茶室住宅は結びつかなかった.
 「面白そうな家だけど,住むのは大変そうね」なんて話しながらも,「話の種になりそうだから,見に行くだけいってみよう」ということで,見に行くことにした.そうして不動産屋さんを訪ねた私たちは度肝を抜かれる.
 まずは,茶室建築の隣には大家さんが銅閣と呼んでいる立派な3層構造の書院造の建物が建っていたこと.この銅閣と茶室住宅は同じ敷地内に建っており,銅閣の前を通り過ぎないと住宅にたどり着けない.道から見ると,茶室住宅は銅閣の付属物にしか見えない.この銅閣は,辺鄙なところなら土地付きの家が買えるほどの保証金を積まないと貸してもらえないとのことで,長い間空き家である.
 次に,大家さんが仙人みたいな人だったこと.白髪を腰まで伸ばし,あご鬚も長く伸ばし,着物を着ていて,下駄を履いていた.やたらとゆっくりと喋り,大屋さんの周辺だけ時が止まっているように思えた.大屋さん宅の周辺は,戦後すぐに建てられたような木造文化住宅がひしめいていた.
 そして,茶室住宅が本当に立派なお茶室だったこと(大学の茶室よりも立派だったかもしれない).炉がきちんと切ってあり,釣り釜用の金具もある.にじり口も,貴人口もある.床の間も立派で,床柱は立派な松(だと思う)が使われた.そして,障子を開けたらすぐ外だった.そう,ガラスの窓がなかったのだ.部屋の中は雨戸がしまっているにも関わらず,落ち葉が入り込んでいて,内と外の空気は同じだった.
 どうやら,この茶室住宅はもともとあった茶室の外側に無理やり増築し,無理やり住宅の体をなしていた.4畳半の茶室,昔は水屋だったと思われる3畳の和室,増築部分には4畳半の洋室とトイレとお風呂,そして,別棟に6畳の台所があった.台所は別棟にあるため,ご飯の度に1回外に出ないと台所にたどりつけなかった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

移動の制約と自立した生活

 職場の人に聞いた話.義足の中でもコンピュータ制御が入っているインテリジェント義足は300万円近くする.一方で,単純な義足は数万円.違いは,義足とわからないほどスムーズに歩けること.現在,インテリジェント義足も,単純な義足も自己負担は1万円程度で,交付されている.しかし,身体障害者自立支援法が可決された今後は,自己負担は大きくなり,お金持ちしかインテリジェント義足を使うことができないのではないか,と言っていた.
 それと,盲導犬のこと.盲導犬を1匹育てるのに,300万円程度かかる.盲導犬は,補装具給付の対象になっていない.そのため,盲導犬の育成は全てボランタリーな寄付などに拠っていて,盲導犬を必要としている人がたくさん待機している.
 インテリジェント義足も盲導犬も,それを高いと思うのは,ものを単独で見た場合.それらが給付されることにより,一人の人間が自立して,日々の生活に満足していくことができた場合はそれほど高くないのではないだろうか?インテリジェント義足や盲導犬を使うことにより,一人の人間が働き続けるのが可能になり,それだけでなく,娯楽など好きな外出ができたら商業活動として使うお金も多くなり,社会全体で見ると給付額は回収できるのではないか.
これに対する反論はよくわかっている.その効果は本当に確認できているのか,ということ.お金の節減効果はすぐに出る.でも,QOL(Quality of Life)に関しては,低下しても向上しても,きちんと把握できていない.移動の制約とQOLの関係が,私の継続したテーマだが,なかなかモノにならない.


 ブログを書き出して気づいたこと.私の文章はとても硬く面白みがない.報告書や論文を書いている時とあまり変わらない文章だ.川上弘美がエッセイで書いていたが,軟らかい文章というのは,硬い文章の何倍も難しい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

言葉を習得する過程

 子どもが1歳半になり,しゃべれる言葉が増えてきた.子どもが言葉を習得するにつれ,親は言葉と物事の関連性について考えさせられる場面が多くなる.
彼女が最初に話した言葉は,「バ」.バナナを指差して「バ」と叫ぶ.バナナときちんと言えてなくても,周囲の大人はバナナのことを指していると理解してしまう.だから彼女はいまだにバナナのことを「バ」としか呼ばない.
 最近よく使うのは「いたいいたい」という言葉で,どうやら彼女は「体のどこかの調子が悪い」という意味合い以外に,「私に注目して」,「あれをとって」というような意味合いでも使っているようだ.彼女がそのように言葉を習得してしまったのは,転んだ時や中耳炎になった時に,周囲の大人が「いたいいたいだね」と言いながら,優しく接してくれたからだろう.
 このように,多くの誤解と勘違いを積み重ねて少しずつ修正を加えながら,徐々に彼女は言葉を習得していく.その過程は,基本的にはゆっくりと手探りで,時には周囲が驚くほど早い.この過程を見られるというだけで,親になった甲斐があるというものだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣味は料理

料理を趣味にしようかと思う.
自分一人の時間がとれなくて,日々悲しんでいたけれど,料理ならばしなければならないことだし,思い立った時にすぐにできる.
早速,ロシアサラダとボルシチを作った.
1時間半牛肉を煮込んでいたら,肉の旨みと一緒に,私のわだかまりもスープにとけて,幸せな気持ちになれた.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

通勤三都物語

 現在2つの仕事を掛け持ちしている.遠い方の職場への通勤時間は2時間弱かかる.JRの新快速に揺られている時間は40分ほど.晴れている日は小旅行の気分を味わえる.

 冬なのに穏やかな瀬戸内海.私の中で海といえば日本海で,海というものは波が高く,岩がごつごつしていて,荒れているものだった.こちらの海はいつでも穏やかで,砂浜も続いている.

 海が見えてしばらくすると,安藤忠雄設計の左右対称に建っている海辺の2軒の家が見える.こちらから向こう側が透けて見える不思議な家.おそらく,家としては住みにくいだろうが,それを超える空間の美しさが家の中にあるだろう.

 そして,明石大橋.主塔から伸びるケーブルが美しい.橋,特に吊橋は,力の動きをそのまま表していて,それがそのまま美しいというのは不思議.

3年間,この通勤路で飽きもせずによく通ったものだ.あと3ヶ月弱でこの長い通勤も終わる.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

ホームレスの家

海外の都市に関する本を読むと不法占拠住宅の話がよく出てくる.ある晩突然そこに家ができるという不思議.私の固定観念では,家というものはハウスメーカーなり大工なり,専門家が作るものというものだが,不法占拠住宅の多くはセルフビルドだ.国によっては,不法占拠住宅といえども勝手に撤去できない.日本では考えられない話だと思っていたところ,「『ホームレスの家』を鑑賞する」を見つけて,日本ではホームレスの家が不法占拠住宅に当たると納得した.そして,初めて大阪の天王寺で歩道上に作られたホームレスのおうちを見たときに「ホームレスっていうけど,立派な家があるやん」と思ったことを思い出した.大阪のホームレスの家は,ドアも窓もあったりするし,壁も木材だ.

さて,「『ホームレスの家』を鑑賞する」のページについて.家の類型化と考察がすばらしい.あのブルーシートハウスに切妻屋根があるとは気づかなかった.高層ビルと高速道路,その下に整然と並ぶブルーシートハウスの写真は,東京という不思議な都市をよく表している.それと,ホームレスといえば,家も仕事も失った世捨て人のようなイメージがあったが,このページを見ていると生活臭を強く感じる.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

それは研究になるのか?

「それでは研究にならない」という批判をおそれるな.批判をおそれて萎縮して,身動き取れなくなるなんて,おそろしく馬鹿なことだ.

社会学者の上野千鶴子も「若い頃は,研究として認められるかどうかわからない論文をせっせと書いていた」というようなことをどこかに書いていた.おそらく,社会科学の分野では,何もかもが研究になりうるのではないか.

身動きできなくてじっとしている時間があるならば,よく考えよ.考えるのにくたびれたら手を動かせ.

 

今日は今週末締め切りの研究助成申請書を書いた.研究助成というのは当たるも八卦,当たらぬも八卦.当たるといいなー.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

クラシックコンサート

昨日の夜は仕事場の人とクラシックコンサートに行った。
演目は、「展覧会の絵」、「新世界」。
指揮はレイフ・セゲルスタムという人。見かけはサンタクロースのよう。オーバーアクションのかわいらしい人だった。
オーケストラを生で聞くと、音がどんどん重なっていく様子、広がっていく様子を、体感と視覚でも感じることができて、とても楽しい。

昨日の余韻に浸りながら、家のヘボヘボスピーカーで、展覧会の絵を聞く。子どもの目の前で指揮者の真似をしたら、大いに受ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト

今日から日記がわりのブログを書くことにしました。
きっと5年後とかみたら楽しいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »