« ホームレスの家 | トップページ | 趣味は料理 »

2006年1月13日 (金)

通勤三都物語

 現在2つの仕事を掛け持ちしている.遠い方の職場への通勤時間は2時間弱かかる.JRの新快速に揺られている時間は40分ほど.晴れている日は小旅行の気分を味わえる.

 冬なのに穏やかな瀬戸内海.私の中で海といえば日本海で,海というものは波が高く,岩がごつごつしていて,荒れているものだった.こちらの海はいつでも穏やかで,砂浜も続いている.

 海が見えてしばらくすると,安藤忠雄設計の左右対称に建っている海辺の2軒の家が見える.こちらから向こう側が透けて見える不思議な家.おそらく,家としては住みにくいだろうが,それを超える空間の美しさが家の中にあるだろう.

 そして,明石大橋.主塔から伸びるケーブルが美しい.橋,特に吊橋は,力の動きをそのまま表していて,それがそのまま美しいというのは不思議.

3年間,この通勤路で飽きもせずによく通ったものだ.あと3ヶ月弱でこの長い通勤も終わる.

|

« ホームレスの家 | トップページ | 趣味は料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161814/8147572

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤三都物語:

« ホームレスの家 | トップページ | 趣味は料理 »