« 北山の茶室住宅の話 -きっかけ- | トップページ | 下流社会あるいは希望格差社会 »

2006年2月 5日 (日)

娘が喋る言葉

 ふと気が付くと,娘と言葉で意思の疎通ができるようになってきた.彼女が話す言葉はまだまだ単語だが,こちらが話す内容はほとんど伝わっているようだ.私の言葉に同意する時は(「一緒にでかける?」,「ご飯食べる?」といった彼女がしたいことを促す時は),うなずいたり,機嫌が良いときはにこやかに微笑んだりしてくれる.私の言葉に同意したくない時は(「野菜も食べてね」,「バナナはもうおしまい」というような彼女がしたくないことを強いる時は),首をふったり,体をのけぞらせて奇声をあげたりして反抗する.今まで言葉ではない,何となくの雰囲気で伝わっているような気がしてきたが,言葉を用いてコミュニケーションがとれるのはさらに面白い.
 彼女が言葉を理解するにしたがって,喋れる単語も増えてきた.以下は,現在彼女が喋れる言葉一覧(一部ジェスチャーを含む).気が付くと,こんなにたくさん喋れるようになっていた.
1.バ(バナナのこと)
2.マンマ(ごはん)
3.ワンワン(犬)
4.ニャーニャ(ねこ)
5.カーカー(からす)
6.チュンチュン(すずめ等の小さい鳥)
7.バイバイ:片手を振りながら
8.アーア(ものを落としたときに残念そうにいう)
9.チャーチャン(おかあさん)
10.カック:両手を広げながら(抱っこしてください)
11.カーイー(かわいい)
12.タイタイ(痛い,あるいは自分の思い通りにいかないとき)
13.イヤイヤ:首をふりながら,あるいは体をのけぞらせながら
14.タッチ:立ち上がりながら(立ちますよ)
15.ハーイ:片手を挙げながら
16.ジャー(コップ等に水を注ぐとき)
17.シーン(静かにしましょう)
18.パチン:手と手を合わせる
19.パイパイ(母乳)
20.モグモグ:手を口に持っていきながら(食べる真似)
21.バー(隠れていたところから出てきたとき)
22.ジャジャーン(何かを取り出したとき)
23.‐:ほっぺたを手のひらで2回たたく(おいしいの合図)

|

« 北山の茶室住宅の話 -きっかけ- | トップページ | 下流社会あるいは希望格差社会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161814/8528952

この記事へのトラックバック一覧です: 娘が喋る言葉:

« 北山の茶室住宅の話 -きっかけ- | トップページ | 下流社会あるいは希望格差社会 »