« 人生の修正 | トップページ | オットと暮らす »

2006年9月11日 (月)

齢三十を重ねれば

実家に帰った折に,中学の頃の友人に会う.女も齢三十を重ねれば,いろいろあるものだと,つくづく思う.みんな中学の頃の面影を残しながら,三十歳の顔になっているのが何だか不思議だ.

中学の頃,仲が良くつるんでいた友達は六人いた.医師と結婚して専業主婦をしている子,実家に30年間ずっといる子,大学卒業後イギリス,韓国と渡って今では堅実に公務員している子,シングルマザーになった子,この世から退出してしまった子,非常勤の職をわたり歩く似非研究員の私.私達6人は中学生の頃よく似た者同士だったように思う.中学生の頃,私達の将来はそれぞれ取り替え可能なような気すらしていた.それなのに,その行く末はこんなに違う.

こんなに違ってしまう理由としては,私達が女だからなんじゃないかと思う.男友達はここまでバリエーションに富んでいない.男友達が多いわけではないが,専業主夫をしていたり,シングルファーザーをしていたりする人は,世の中でもごく稀だと思う.この差がジェンダーっていうやつかな,と何とはなしに思う.

|

« 人生の修正 | トップページ | オットと暮らす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161814/11864522

この記事へのトラックバック一覧です: 齢三十を重ねれば:

« 人生の修正 | トップページ | オットと暮らす »