« 北山の茶室住宅の話4-茶室住宅を離れた理由- | トップページ | 新年の抱負 »

2006年12月17日 (日)

結婚式の思い出

 先日,友人の結婚披露宴に出席した.結婚披露宴というのは,主人公であるところの新郎・新婦の人柄をよくあらわすように思う.今まで出たことのある結婚披露宴は,いずれもあたたかな感じのする披露宴だった.披露宴で行われるスピーチなどから,私の知らない友人の側面を知ることができるのもなかなか楽しい.
 

 それに対して,自分の時はどうだったかというのを思い返すと,私達の性格がよく出るような少し変わった結婚式だったと思う.私達は自分の身の丈にあった結婚式にしたいと思っていたため,ホテルでの結婚式・披露宴は行わなかった.神宮で結婚式を挙げ,その後親戚を集めて料亭で会食をした.そして日を改めてレストランで簡易なパーティを行った.
 神宮での結婚式はなかなか良いもので,値段がリーズナブルな上に,何よりもうそ臭くなくてよかった.ホテルの式場の祭壇と異なり,そこには本当の神様がいるように感じることができた.その神様もオットは子どもの頃から付き合いのある神様であるし,その後,初詣等でずっとお世話になるので,ここで結婚式を行うのはとても自然なことに感じた.私はことあるごとに,神宮・神社での結婚式を他人におススメしているが,なかなか受け入れられない(私としては筋道通った考えをしているつもりなのだが,出てくる答えは大多数の意見と大きくずれてくることがよくある.これもそういうことのようだ).
 レストランでの簡易なパーティは2回も行った.1回目は私が結婚前に住んでいた金沢で,2回目は結婚後に移り住んできた大阪で行った.1回目のときは結婚パーティというよりも,私にとっては金沢とのお別れパーティだった.そのため,当時やっていたクレズマーバンドのお披露目があったり(しかも新婦である私が振袖を着ながらアコーディオンなんかを弾いちゃっている),私が勤めていた会社からの卒業式があったり,新郎・新婦自らの歌と演奏があったりなんかして,主催した自分が思い返してもとても変わった結婚パーティだった.このパーティには私の家族も参加していたのだが,事前にパーティの内容は伝えなかった(なぜなら,振袖を着ながらアコーディオンを弾くなんて言ったら,反対されるに決まっているからだ).終わった後に,きっと私は母に怒られるだろうと覚悟していたのだが,「あなたが金沢で良い友達に囲まれて過ごしたことがわかって,よかった」と母からメールが来て,ほっとした.

|

« 北山の茶室住宅の話4-茶室住宅を離れた理由- | トップページ | 新年の抱負 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161814/13334614

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚式の思い出:

« 北山の茶室住宅の話4-茶室住宅を離れた理由- | トップページ | 新年の抱負 »