« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月25日 (日)

Brunaさんの絵本はすごい

20070225053 娘を寝かしつける前に、1,2冊絵本を読んであげることにしている。いずれも幼児向けの絵本だけど、たまに「これはすごい」と思うことがある。特に、Brunaさんの絵本はすごいと思う。

まず、どのページの絵の構図が素敵。絵本のどのページをとっても、絵葉書にできそうだし、壁にかける絵にしてもよさそう。色はBruna Colourとよばれるオレンジ、白、青、緑、黄、茶しか使われていないのに、表現力がすごく豊か。

ストーリーもすごい。「ちいさなうさこちゃん」はキリストの生誕を下敷きにして書かれていて、きっとこれを読んで育った子は聖書を読んだ時に違和感がないんだろうな、と思う。「小さなロッテ」はノーマライゼーション思想を子どもにわかりやすく伝えている。「ミッフィーのおばあちゃん」では、人の死といかに向き合うのかということを子ども向けに書いている。「うさこちゃんとどうぶつえん」をはじめとする家族でのおでかけのお話は、初めて行く場所へのわくわく感と不安な感じが思い出せる。(ちなみに、石井 桃子さんが訳しているとうさこちゃん、かどのえいこさんが訳しているとミッフィーになっている。私はうさこちゃんの方が親しみやすいような気がする。)

寝る前に読んだ絵本は、その日の夜見る夢に影響すると思う。Brunaさんのカラフルな世界が娘の夢の中に出てくれば、幸せな夢を見ることができるだろう。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »