« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月21日 (土)

娘の妄想癖

 ある日突然、娘に「のび太くんになったから」と宣言された。「のび太くんと呼ばないと返事しない」ともいう。おかしいのを堪えて「のび太くん」「のび太くん」と呼んであげると喜ぶ。しばらく様子をみていると、オットを「ドラえもん」と呼んでいる。オットも調子を合わせて「なんだい、のび太くん」とか少しだけドラえもん(大山のぶ代)の口調を真似て相手をしてあげている。
 なぜよりによって「のび太」なのか。のび太といえば「のび太のくせに生意気だ」といわれてしまうぐらいダメな子の典型的な名前なのに。勉強や運動ができないというだけでなく、怠け者だし、向上心がないし、すぐひがむし。せめて「しずかちゃん」だったらいいのに。

 その2、3週間後、今度は「ペンギンの赤ちゃんになった」とまた宣言された。曰く「お父さんはペンギンで、お母さんはペンギンのママ」。オットは例によって、調子を合わせて「ペンペン」といいながら、ペンギン歩きをしてあげている。私はついつい面倒くさくて、「違うよ。お母さんはペンギンじゃないし、○○(娘の名前)ちゃんもペンギンじゃない」と言ってしまった。すると、娘に「え?」とすごくびっくりした顔をされた。なぜそこでびっくりする?びっくりされたこっちが、びっくりしたよ。

 何かになりきるなんて、大人になると忘れてしまう。娘は毎日自分の世界を築いて楽しそうにしている。私も、そういう娘が家にいることで、何でもない日々が楽しい。

(娘の年齢:2歳9ヶ月)

| | コメント (0)

2007年4月20日 (金)

娘のいい間違い

20070415133_s娘はまだ2歳なので、舌足らずのせいでうまく言えない言葉が多い。

たとえば「ありがとうございます」がうまく言えずに、「ありがとうごわす」という。初めて聞いた人は大抵大笑い。どこの相撲取りか、という感じ。

音の順番を入れ替えてしまうことも多い。「テレビ」を「テベリ」とか、「キティちゃん」を「キッキーちゃん」(そういえば、「ミッキー」も「キッキー」)とか。こちらも釣られて間違えてしまう。

こんな言葉をしゃべるのは今だけだから、と思って、あえて直さないようにしている。それでも、もう少し前は、もっと面白い言葉をしゃべっていたのに、大分普通の言葉をしゃべるようになってしまった。成長の証だから喜ばないといけないが、一人目の子供を持つ親としては、もっとゆっくり楽しませてよ、と思ってしまう。

| | コメント (0)

2007年4月19日 (木)

つまらぬこと

ここしばらく、つまらぬことで忙しい。事務作業であったり、書類作成であったり、本質的なものと離れていることばかりしている。そのような思いがあるため、大変怒りっぽくなる。普段だったら大してなんとも思わない、他人の所作や対応の不備が気になる。そのようなことを気にする自分のほうがつまらないとも思う。つまらぬことは早々に終えないと、自分のことがどんどん気に入らなくなりそうだ。つまらないことは早々に終えて、せっかく学生になったのだから、自分のやりたいことをどんどんやりたい。

| | コメント (0)

2007年4月 8日 (日)

今週末の記録

土曜日:何もする気が起きず、最低限の家事だけして家に引きこもり。本当によくないと思いながらも、心が疲れている日って何にもできない。進んだのは本のページだけ。いろいろとやりたいことがあるのに。

日曜日:日中は桜宮にて花見(日中から、しかもお花見のベストスポットで花見なんて初めてかも)。夕方は買い物ついでに府議会議員の投票へ。見事に知っている候補者が一人もいなかった。夜は適当な鍋。夜ご飯の後、あせって来週のためのつくりおき料理を作る。今回はキャベツが68円と驚異的に安かったので、キャベツたっぷりスープを作成。最初はコンソメスープとして、次はトマト缶を入れてミネストローネ風に、最後残っていたらカレーにする予定。それと、冷蔵庫に人参、冷凍庫にかなり前に購入したごぼうのさきがけがあったので、きんぴらごぼうを作成。

そんなこんなで、土曜日と日曜日でプラスマイナス0という感じの過ごし方だった。

| | コメント (0)

2007年4月 1日 (日)

思いつめて料理

土曜日は、がっつりと料理をした。不意に思い立ち、夕飯を食べた後、午後8時過ぎから夜中まで、以下のものをせっせと作った。時折、こうやって思いつめたように、料理をしたい日がある。

・ひじきの煮物:すべて冷凍して保存。

・ひじきの肉炒め:半分を冷凍して保存。半分は来週中の夕飯やお弁当で食べるつもり。

・きりぼし大根の煮物:上記と一緒。

・おでん:おそらく今シーズン最後。来週中に食べるつもり。

・豆乳スープ:4分の1は朝ごはんに残して、4分の3は冷凍して保存。

・小松菜のオイル煮:来週中に食べるつもり。パンにのせたり、パスタとからめたりするつもり。

・鳥肉のスープ煮:胸肉ともも肉を一枚ずつ、生姜を丸ごと、臭味をとるために葱の青い部分を入れて、煮込む。鶏肉はサラダになったり、焼いて醤油と芥子で食べたり。スープは、プチトマトのスープや、素麺を入れてラーメンもどきに。

私の料理は必要にかられてしているため、効率はどんどんよくなるが、あまり上手にはなっていないように思う。簡単につくれるもの、保存がきくもの、まとめてつくれるものばかり作ってしまう。

今回思いつめて料理をした理由は、おそらく、先週は外食が多かったことだと思う。外食はおいしいけど、基本はやっぱり家でのご飯をしっかりしないと、体が疲れる。無意識にあるしっかりものの私が「ちゃんとご飯をつくれ」と指令を出したんだろうな。それにしても、もう少し早い時間に指令をだしてくれたら。おでんを煮込み終わったのは、夜中1時過ぎだった。

| | コメント (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »