« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

やさしさとファシリテータに求められる能力

 O大学の集中授業終了後のアンケートで、「先生がやさしかった」という意見があった。少しだましたような気持ちにもなったが、狙い通りの反応でうれしかった。

 私自身は、自分のことをやさしいと思ったことはほとんどないし、長く付き合っている人々からそういう評価を得ることも少ないように思う(オットにもそう同意された)。私のパーソナリティは、基本的にがさつで、身勝手でわがままで視野が狭いと思う。

 私は、今回の授業において「学生の意見を決して否定しない」、「プラスαが考えられるような質問をする」といったことを意識して行った。それにより「やさしい」という評価が得られたのだと思う。就職活動と同じで短期間の集中講義であれば、人からの評価なんていくらでも操作できてしまう。短期間しか付き合わない先生において、「怒りっぽい先生」に信頼を置くことなんてできるだろうか?それよりも「やさしい先生」の方が、信頼を置いて話を聞くことができ、自由に発言できるのではないかと思う。来年もこの調子で、つくりこんだ「やさしい先生」で授業を行いたいと思う。

 この「やさしい」という評価は、住民参加の現場でも大事なことではないかと思っている。現在、私は住民参加の現場に、「住民」としてではなく、曲がりなりにも「専門家」として参加している。地域のワークショップにおいて、私に求められているのは、議論の場を親しみやすく参加しやすい場に設定し、住民同士の議論を活性化できるようにうながすことである。つまるところ、ワークショップの教科書に書いてあるファシリテータとしての役割をきちんと担えるこかどうかということ。こうした役割を担う専門家が、「やさしい」人間であれば信頼をおいて、安心して住民も議論できるのかな、と思う。こうした人格をつくりあげるのは、簡単なようでなかなか難しい。何回か場数を踏むことで、少しは「やさしい」「信頼がおける」人間であるように振舞えるようになってきたかと思う。

 そのように振舞うことで、徐々に私のパーソナリティ自体も、「やさしく」なるかもしれない。でも疲れた時とか、せっぱつまった時には、やっぱり地の自分勝手なパーソナリティが出てしまうだろうな。

| | コメント (0)

2007年8月29日 (水)

能力が足りない

2年前に私が書いた、友人あてのメールに以下のようなことが書いてあった。

>大学卒業したての頃は,経験を積み重ねれば,能力になるんじゃないか,
>と勝手に思っていましたが,最近はそうも思えなくて,どうしたものやら.
>能力があるのに,仕事に恵まれていない人を見たりすると,
>コネと運だけで渡っている私なんかでいいのだろうか,と少し鬱になります.
>そうは思いながらも,能力なくても日々頑張って積み重ねていくしかないのですが.

 2年前といえば、仕事もとりあえずあって、収入も安定していたんだけど、その時のほうがいろいろ悩んでいたのかも、と懐かしく思った。今は、お金も時間もないけど、「学生」というモラトリアムな気楽な身分なので、能力ないのも、経験ないのも仕方ないと開き直っているような気がする。

 能力やセンスがないのは仕方がない。生まれながらのものって、絶対ある。でも、30歳を過ぎた頃から見えてきたのだが、何かしら努力したり、経験を積んだりすれば、何かに繋がっていく。だから、能力がないのを嘆いていてもしょうがないんだよな。「この経験って、大変なだけで、何かにつながるのか?」と不安に思っていたことでさえも、多かれ少なかれ、数年後にはきちんと何かに繋がる。

まっすぐ進むことができれば良い道なのかというと、そうでもないし。曲がりくねった道を、のんびりと、ブラブラと、自分のペースで、でも、時々少しだけ無理して頑張ったりしながら進んでいくのが、私に合っているかな、と思う。

| | コメント (0)

「授業をする」のって楽しい

 昨年から8月のお盆が終わった週は、O大の集中講義。別名「炎の出稼ぎ週間」。この週は、毎日3コマ分の授業を5日間連続で行うのだ。この集中講義で得たお金が私の大学院の授業料の一部になる。

 授業を担当する、ということは、楽しいけれど、なかなかしんどい。教科書を決めて、それに沿った説明する、というのでもいいのだけれど、それだと講義していても面白くない。自分が講義して「面白い!」と思えるようにしようと思うと、かなり内容を精査して、話しやすいように授業をつくりこまないといけない。そのためには、かなり膨大な資料や自分の経験を踏まえた上で、膨大な時間をかけて資料をつくりこむことになる。

 私自身もそうだったんだけど、学生というのは一方的な講義やつまらない講義には遠慮なく寝る生き物である。昨年、初めて授業を担当して感じたのは、学生に寝られると腹が立つどころか、面白くない授業をしてしまった自分に情けなくなるということである。その情けなさを感じたくないがために、今年はいろいろと工夫をした。

20070823456_s 授業を聞きながら書き込みをするノートを準備したり、学生にガンガン質問できるよう準備をしたり。この質問というのも、アドリブでできれば何も問題ないんだけど、あらかじめ質問を用意しておかないと、結構つまっちゃったりして前に進まない。そういうわけで、些細な質問から考えさせる質問まで準備した。あと、授業終了後には授業内容を理解したか確認するためにミニテストやレポートを作ったりしたので、どの学生がちゃんと聞いていて、どの学生が聞いていないのかがよくわかった。ほかにも座学による講義だけでなく、ビデオを見せたり、物を持っていって触らしたりという工夫、施設見学と擬似体験、ワークショップの演習とバラエティあふれた授業を行った。

 どれもこれも大した工夫ではないけど、するのとしないのとでは大違いで、昨年よりも学生に寝られる確率が減った(といってもゼロではないし、最初から寝に来ている学生を起こす授業なんかなかなかできない)。自画自賛になるが、1人ですべて担当したわりには、結構充実した面白い授業になったのではないかと思う。授業終了後のアンケートを読んでも、「わかりやすい授業だった」「新たな視点を得られた」といった感想が見られ、私は非常に満足している。頑張った甲斐があるというもの。来年もこの調子でがんばろう。

| | コメント (0)

2007年8月18日 (土)

大阪のうた

子どもの歌つながりで「大阪のうた」。娘が保育所で習ってきた変な歌がある。姪っ子の幼稚園でも習うようなので、関西の保育所・幼稚園では結構メジャーな歌らしい。節は「いちろうさんのまきばで~♪」。歌詞は以下の通り。

1番 大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~。たこやき ぎょうざ おこのみやき ぶたまん。

2番 大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~。いかやき ばってら あわおこし ようおこし

3番 大阪にはおもろいもんがいっぱいあるんやで~。かにどうらく くいだおれ もんじゃやき なんでやねん!

1番の「ぶたまん」の時に鼻の穴を指で上に向けたり、2番の「ようおこし」の時におじぎをしたりなんかしてかわいいのだが、3番の「なんでやねん!」では、なんと突っ込みの仕草をする。関西の子はこうやって小さい頃から関西テイストで育っていくのか、とびっくりする。うちでは吉本新喜劇を見せていないけど、関西で育っていくのだったら、やっぱり見せた方がいいのかね?(うそ、絶対見せない)

| | コメント (0)

2007年8月17日 (金)

子どものうた

子どもは歌詞の意味を考えずに、音で歌を覚えるので、時々とんでもない歌詞を歌っていて面白い。

先日、子どもを海に連れて行く前に、「海の歌、歌ってみて」と娘にリクエストしたところ、「うみはひろいなー。おきなわー。」と歌いだした。聞き間違いかと思い、もう1回歌わせたところ、やっぱり「おきなわー」と言う。たしかに「おおきいなー」と「おきなわー」は結構似ている。海の歌が突然沖縄のテーマソングになってしまう唐突さにすごく笑った。だいたい何で「おきなわ」なんて単語を知っているんだろう?

| | コメント (0)

2007年8月 6日 (月)

子どもの鎖骨

どうでもいい話。(このブログのほぼ全ての話がどうでもいい話なんだけど、今回はさらに輪をかけてどうでもいい話)

夏になって襟ぐりが少し開いた服を着ていると、子どもに「これは何?」と不思議そうに聞かれる。何のことか分からず、子どもの指先をたどると私の鎖骨にぶつかる。一緒にお風呂に入ったりしているのに何をいまさら、と思いつつ、子どもの鎖骨のあたりを見てみると、見事に鎖骨が見えないのに初めて気づく。気づいていなかったのは母のほうだったよ_| ̄|○。

鎖骨なんて昔から出ているように感じていたが、ぷっくらしている子どものうちはあんまり目立たないものみたい。うちの子も痩せてくれば目立つようになるよね、きっと。(ああ、でも、うちのプクプク娘はいつ痩せるんだろう?少し小さめの同級生の体重の1.5倍あるってどんだけ~)

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »