« 「授業をする」のって楽しい | トップページ | やさしさとファシリテータに求められる能力 »

2007年8月29日 (水)

能力が足りない

2年前に私が書いた、友人あてのメールに以下のようなことが書いてあった。

>大学卒業したての頃は,経験を積み重ねれば,能力になるんじゃないか,
>と勝手に思っていましたが,最近はそうも思えなくて,どうしたものやら.
>能力があるのに,仕事に恵まれていない人を見たりすると,
>コネと運だけで渡っている私なんかでいいのだろうか,と少し鬱になります.
>そうは思いながらも,能力なくても日々頑張って積み重ねていくしかないのですが.

 2年前といえば、仕事もとりあえずあって、収入も安定していたんだけど、その時のほうがいろいろ悩んでいたのかも、と懐かしく思った。今は、お金も時間もないけど、「学生」というモラトリアムな気楽な身分なので、能力ないのも、経験ないのも仕方ないと開き直っているような気がする。

 能力やセンスがないのは仕方がない。生まれながらのものって、絶対ある。でも、30歳を過ぎた頃から見えてきたのだが、何かしら努力したり、経験を積んだりすれば、何かに繋がっていく。だから、能力がないのを嘆いていてもしょうがないんだよな。「この経験って、大変なだけで、何かにつながるのか?」と不安に思っていたことでさえも、多かれ少なかれ、数年後にはきちんと何かに繋がる。

まっすぐ進むことができれば良い道なのかというと、そうでもないし。曲がりくねった道を、のんびりと、ブラブラと、自分のペースで、でも、時々少しだけ無理して頑張ったりしながら進んでいくのが、私に合っているかな、と思う。

|

« 「授業をする」のって楽しい | トップページ | やさしさとファシリテータに求められる能力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「授業をする」のって楽しい | トップページ | やさしさとファシリテータに求められる能力 »