« 子どものうた | トップページ | 「授業をする」のって楽しい »

2007年8月18日 (土)

大阪のうた

子どもの歌つながりで「大阪のうた」。娘が保育所で習ってきた変な歌がある。姪っ子の幼稚園でも習うようなので、関西の保育所・幼稚園では結構メジャーな歌らしい。節は「いちろうさんのまきばで~♪」。歌詞は以下の通り。

1番 大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~。たこやき ぎょうざ おこのみやき ぶたまん。

2番 大阪にはうまいもんがいっぱいあるんやで~。いかやき ばってら あわおこし ようおこし

3番 大阪にはおもろいもんがいっぱいあるんやで~。かにどうらく くいだおれ もんじゃやき なんでやねん!

1番の「ぶたまん」の時に鼻の穴を指で上に向けたり、2番の「ようおこし」の時におじぎをしたりなんかしてかわいいのだが、3番の「なんでやねん!」では、なんと突っ込みの仕草をする。関西の子はこうやって小さい頃から関西テイストで育っていくのか、とびっくりする。うちでは吉本新喜劇を見せていないけど、関西で育っていくのだったら、やっぱり見せた方がいいのかね?(うそ、絶対見せない)

|

« 子どものうた | トップページ | 「授業をする」のって楽しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子どものうた | トップページ | 「授業をする」のって楽しい »