« 梨がたくさんきた時の対処法 | トップページ | お母さんもかわいくなりたい »

2007年9月14日 (金)

他人への批判とやら

 批判精神というのがないと、研究なんてできないと思う。私の敬愛するN先生もそう仰っている。それはそうだが、日常にも批判精神がにじみ出てくるのは考えものだ。自分と直接関係ないものへの批判はしないに越したことはない。

- - - - -

 昨日はとてもお世話になっている人のつながりで、ある会合に参加した。そこで感じたことを自分の中で消化することができず、お世話になっている人に対して、ついつい批判めいたメールを書いてしまった。

 そのメールへの返事はまだ来ていないのだが、今読み返してみると、自分は積極的に関わろうとしていないにも関わらず、勝手な批判に満ちた文章で、本当にうんざりしてくる。もう2、3日メールを寝かして、冷静になってから送るかどうか判断すればよかった。私も無駄に年をとり、批判をオブラートに包むやり方を覚えたので、それほどキツイ文章になっていないような気もするが、相手がうまく受け取ってくれないと、関係を壊してしまうことになりかねない。

 多分、今回は、私のメールの受け取り手の方は精神的に大人の方なので、受け流してくれると思う(と信じたい)。だいたい私は他人を批判できる立場なんかじゃないんだ。やれやれ。もっと自分のことに気を回したり、時間をつかうことにしたい。

|

« 梨がたくさんきた時の対処法 | トップページ | お母さんもかわいくなりたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梨がたくさんきた時の対処法 | トップページ | お母さんもかわいくなりたい »