« 3歳児のかくれんぼ | トップページ | 博士が100人いる村 »

2007年10月23日 (火)

ノート代わりとして、PDAを使いたい

 私は字がおそろしく汚いので、5年ほど前からPDAを愛用している。それまでは普通の手帳を使っていたのだが、どんな手帳を買っても、1ヶ月もすると自分の字の汚さにうんざりして捨てたくなっていた。

 2年ほど前までものすごく古いPalmを使っていた(Sofmapで中古品を格安で購入したのだ)。私が使っていたPalmには、スケジュール、メモ帳、住所録、簡易な英和/和英辞書とシンプルな機能しか入れていなかったし、白黒の画面だったのだが、結構便利に使っていた。だけど、パソコンと同期するためのケーブル端子が大学で使っているノートパソコンと合わないのと、入力用ペンを紛失してしまったこと、充電池ではなく単三電池で取り替えの度にデータが消えていたことがあって、使うのをあきらめて、PDAと近い機能があるNokiaの携帯電話を使うことにした。

 Nokiaの携帯電話は、まあ普通にスケジュールやらメモ帳やらが使えるし、デジカメ機能も使いやすいし、パソコンとの同期も簡単だ。携帯電話の住所録がパソコンに簡単に同期できるのって、本当に便利だ。それに、アプリケーションもどんどん増やせるようだ(私は面倒なのでやっていないけど)。これを1つ持っていくだけで、電話とスケジュール帳とデジカメの役割を果たしてくれる。

 そういうわけでNokiaの携帯電話に大きく不満があるわけではないのだが、それでも、あのPalmの操作感が忘れがたくて、歯がゆい思いをよくする。あのPalmのペンでの入力って本当に便利だったし、慣れると紙に書くのと同じぐらいのスピードで入力できた。携帯電話にキーボードなんかをつけるよりも、入力用のペンを付けてほしいよ。

|

« 3歳児のかくれんぼ | トップページ | 博士が100人いる村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3歳児のかくれんぼ | トップページ | 博士が100人いる村 »