« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

博士後期課程の経済事情

 博士後期課程に入りたいと思っていても、経済事情がままならないので、二の足を踏んでいる人も多いと思う。でも、入ってしまえば結構どうにかなるもの。というわけで、博士後期課程の経済事情について。下宿生で何とかやっている人のことについては、あちこちに書かれているので(例えば、http://www.kagami.org/phd/index.html#financeとか)、ここでは私のように配偶者が勤め人として働いていたりして、生活費を捻出しなくてもよい場合について書こうと思う。

 生活費を捻出する必要がなければ、授業料と日々のこづかいをどうにかすれば何とかやっていける。ただ、下宿生と異なり、配偶者が働いている場合は、世帯収入が多い(そんなに多くなくてもそこそこあれば多い)と見なされるので、授業料免除を受けることも難しくなるし、日本学生支援機構の奨学金を受けることも難しくなる。代わりに配偶者の扶養に入ることができれば、保険とか年金とかを支払わなくてすむ。

 私の経験から結論をいうと、授業料に関してはTAとRAの収入で何とか賄えると思う。日々の小遣いに関しては、軽微なアルバイトをするか貯金を取り崩せばどうにかなる(って、貯金を取り崩している時点でどうにもなっていないのか?)。

 TAはTeaching Assistantのこと。主として授業の手伝いをする仕事。授業の準備とか、出席確認とか、演習の手伝いとか、わりと軽微な雑用を行う。予算とかドクターの学生の人数とかによって、受け持ち時間は変わってくるが、月に数万円程度の収入を得ることができる。メリットは、就業場所がそのまま大学なので、通勤時間をとられないこと。もし将来授業を担当することになったら参考になるかもしれないこと。デメリットは先生によって、課される仕事量が異なるので、時間と手間をとられることもあること。

 RAはResearch Assistantのこと。先生の研究のお手伝い。自分の研究にも役立つのでやっておいたほうがよい。これも月に数万円程度の収入を得ることができる。大学の予算規模によって、労働時間が決まるようだ。

 能力がある、あるいは運がよいならば、学術振興会の特別研究員を目指すのがよいと思う(というか、能力なんてどうやって評価されるのか分からないんだから、とりあえず該当する人はみんな申請した方が良いと思う)。特別研究員に採用されれば、経済的に安定した学生生活を送ることができるし、職歴に書けるので経歴として評価してもらえる。4月に大学側から申請書を出すように連絡があるはず。学振の研究員になるには、2chのスレッドとかmixiの学振コミュニティなんかを見ると参考になると思う。ただし、学振の研究員になると、扶養から外れる可能性が高いので、多分、思ったほど経済面で余裕は出ないと思う。

 他に、あんまりおススメしないけれど、アルバイトや非常勤の職を探すというのもある。ただ、研究の時間もなくなるし、家の事、育児の時間がなくなるので、要注意である。私は知り合いのツテで、私大の集中講義の非常勤講師をさせていただいているが、準備にかなり時間がかかるし、講義はなかなかハードだし、毎年大変で家族にも負担をかけているように思う。大変ながらも、給料だけでなく、こうした経験は今後の経歴に生かせることができるなど、得るものが大変多い。最初、講師の話をもらった時に「私なんかができるのか?」とかなり尻込みしていたが、今では受けておいて本当によかったと思っている。

- - - - -

 おうちの経済事情で進学できなくて自暴自棄になってしまう可哀相な子が時々いるが、実はお金のことなんてどうにでもなる。学歴というのは役に立たないこともあるけれど、自分の未来の可能性を大きく広げてくれる。研究をどう進めればよいのかはアドバイスできないけれど、経済状況でもし悩んでいる人がいたら、そこに関してはあんまり悩まなくても大丈夫、とアドバイスしたい。

| | コメント (0)

2008年3月29日 (土)

中身が伴っていない

 私の研究は、お世辞にも順調に進んでいるとは言いがたい。そうではあるものの、査読付き論文の本数もそろってきたし、研究助成をいただいたり、研究員に採用されたり、とある財団から奨励賞をもらったりして、経歴だけみるとまるで立派な人みたいになってきている。

 ああ、それなのに。経歴さえ立派になれば、それに伴って中身も立派になるかと思っていたのに、そうでもない。そうでもない。

 相変わらず、「どんな研究をしているの?」という質問が一番苦手だ。そうやって私の研究に興味を持ってくれる人なんて、とても貴重なのに、説明をしながら「そろそろこれぐらいで勘弁してくれるかな?」と心の中でつぶやいている自分がいて、本当に嫌だ。

 一言でいえば、自分に自信が全然ないってこと。

 自信をつけるには、努力するのみ。努力が足りていないから自分に自信がもてないんだ。やることをきちんとやってさえすれば、自信も付くはず。ええ、わかっているよ。そう自問自答しながら、匍匐前進で、泥臭く、ゆっくりと前に進もう。

| | コメント (2)

2008年3月28日 (金)

電話にびくつく

 ある日の夕方、今年度研究助成を受けていた財団から携帯電話に留守電メッセージがあった。お話したいことがあるので、連絡がほしいとのこと。

 

 だいたい財団から電話があるなんて、しかも連絡してくれという電話なんて、いい知らせでありっこない。書類に大きな不備があるとか、研究成果が不十分とか何か悪いことがあったに違いない。今回の研究はあんまりよい成果が出せていなかったので、言い訳をいろいろ考えてその日の晩はよく眠れなかった。

 

 で、明くる朝、財団に電話をしてみたら「あなたの研究が奨励賞を受賞したので、記念式典にきてほしい」という内容だった。東京までの交通費も出してくれるし、副賞として記念品もあるとのこと。

 

 どうやって言い訳するかということばかり考えていたので、賞をもらった喜びよりも問題がなくてよかったというほっとした気持ちでいっぱい。いや、本当に、悪い知らせだったら指導教官になんて報告したらいいんだろう?と半泣きになっていたから。

 

 というわけで、履歴書に書くことができる経歴がひとつ増えた。自分的にはあんまり腑に落ちていない結果だけど、よかったよかった。おめでとう、自分。でも、びくつぎ過ぎ。もうちょっと自信もてよ。

 

| | コメント (0)

2008年3月14日 (金)

ホワイトデー

200803141045  毎年、ホワイトデーを楽しみにしている。毎年、先生方や研究室の学生さん達が気を使って、いろいろとお返しをくれるから。何かプレゼントをもらうということ自体も嬉しいことであるのだが、それ以上に、プレゼントには送る人の人柄が出てくる感じがして、興味深い。

 例えば、M先生からは少女趣味といえるぐらい可愛いハンカチをいただいた。一方、N先生からはシンプルなハンカチ。何となく、女性に何を求めているのかを端的に表しているような気がして面白かった。

 それと、学生さん達から犬の顔がついたクッキーをいただいたのも嬉しかった。犬の目の中がお星様が書いてあったりして、テラカワユス。これを選んでくれた子は、見かけはふつうの理系の大学院生なのだが、キメ細やかな心遣いをしてくれたり、スイーツやら女の子が好きそうなものの情報に詳しかったりする。中身とのギャップが面白い。

 あとは、I先生、Iさんからは子どもと一緒においしく食べれる焼き菓子を山ほどもらった。ゆっくりゆっくり食べようと思っていたのに、さくさくっと1週間も立たないうちに食べきってしまった。おかげで娘と私の体重が大変やばいことになっている。

| | コメント (0)

2008年3月 8日 (土)

右から左へと受け流せない

20080208933

 子どもの頃から、私は偏屈だった。教育的なものとか道徳的なものなど、大人が子どものためを思って教えようとしていることが胡散臭いように感じていた。本当にかわいくない子どもだったと思う。困ったことに、今でもその傾向は変わらないから、つまらないことに一々腹を立てている。本当に困ったことだ。

 先日は、行政主催の子ども向け環境イベントに出かけたのだが、嘘八百さ加減に飽きれていた。子ども向けイベントなので、ある程度物事を単純化して教えなければならないのだろうが、「風が吹けば桶屋がもうかる」ような話を科学的知識がない子どもに教えるのは「悪」じゃないかと思い、憤っていた。「人間の行動による環境負荷を小さくしたい」という目的は正しいかもしれないが、その目的を達するために嘘を教えてもいいのか?そうじゃないだろう?うちの娘はまだ3歳なので、歌のお姉さんが話している言葉の意味をほとんど理解できていないけれど、小学生ぐらいになれば理解して間違った認識を持つことになるんじゃないのか?歌のお姉さんの歌や踊りを楽しんでいる娘を横にしながらも、私はそういうつまらぬ思いに取りつかれていた。

 思い返してみると、こんなささいなことにいらだつ方が、時間を無駄に過ごしているような気もする。多少、気になっても、右から左へと笑って受け流して、その場その場を楽しむべきなんだ。で、子どもが理解できる範囲で、間違いを正せばいい。それが善良な親として、正しい態度なんだ。いらだつことがあったらムーディ勝山のヒットソングを思い出すことが、よりよい大人になる近道だと思う。

| | コメント (0)

ゆびきり

 娘は間違えて覚えていることの一つに「指切りげんまん」がある。小指と小指を結んで「ゆびきりげんまん嘘ついたら針千本のます、指切った」という約束ごとをする時に登場する数え歌である。

 娘は「指切ったら針千本のます、指切った」と間違えて覚えているのである。とても些細なまちがいで訂正するのも面倒なのだが、娘が言ったとおりだと、指を切ったとたん針千本飲まされることになってしまう。訂正したのだけれど、なかなか治らない。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »