« ふるさとのなまりなつかし | トップページ | 誰でもいい誰かじゃなくて »

2008年6月28日 (土)

遠きにありて思うもの

 福井弁にまつわる話が続くよ。

 全セリフが福井弁で話される「福井青春物語」という自主制作映画を見つけた。youtubeで全編見ることができる。主人公を演じる津田寛治をはじめ、全員が福井出身者で、ものすごくnativeな福井弁をしゃべる。「きのどくな(ありがとう)」、「ひっで(すごい)」、「おえー(うわあ(感嘆))」など、福井に帰らない限り聞くことができなくて、福井出身者以外には理解不能な福井弁が全編に溢れている。あまりにもわからないので、標準語の字幕付きである。ロケ地も福井駅前や東尋坊など福井出身者であれば知っている場所ばかり。羽二重餅や今川焼、五月ヶ瀬、江川の水ようかんなど福井出身者が泣いて喜ぶ銘菓がたくさん出てくる。あふれんばかりの福井への愛を映画全体から感じる。
 自主制作系の映画をあまり見たことがないのでどう評価すればよいかわからないのだが(だって、ほとんどの人の演技が素人だもの)、「福井青春物語」はすごくよい映画だと思う。大阪で大阪の映画を作るのとはわけが違う。あれだけ人口が少なくて、特色らしい特色が少ない(と思われている)福井に住み続けながら、福井をストレートに愛して、福井に生きる自分というのを表現しているというのは、すごいことだと思う。
 たぶん、私が福井に住み続けていたら、この映画は恥ずかしくて見ることができなかっただろう。なぜなら、あまりにも福井への愛がストレートすぎる。福井にいた頃は、空気と水しかないこの地がそれほど好きじゃなかった。福井弁もできるだけ使わないように気をつけていた(でも、訛っていたけどね)。この土地から見あげる空は、都会からみる空よりも劣っているのではないかと思っていた。でも、最近、指輪物語のホビット達がホビット庄を懐かしむように、福井のことが懐かしくてたまらない。ふるさとは遠きにありて思ふもの。たぶん、多くの人はふるさとへの愛情を都会と比較することで、初めて強く感じることができるのだろう。そういう意味で、この映画の製作者たちはえらいな、と思う。あー。福井に帰りたいなー。

- - - - -
 「福井青春物語」2005年作成。詳しいことはwikipediaに。監督の勘違いのくだりとか、とても面白い。(監督が事件を起こしたのはイタイことであるが、この映画自体は良い映画だと思う。)
 著作権フリー宣言がされていて、youtubeで全編見ることができる。

|

« ふるさとのなまりなつかし | トップページ | 誰でもいい誰かじゃなくて »

コメント

福井物語、見ましたよ。なかなか、いいですね。
私は、純粋に、福井が好きです。岐阜も好きです。
理由は、いい山があることと、マイナーなところ(笑)。
私も、郷里に残っていたら、今のように「ふるさと」を感じなかっただろうと思います。
ただ、実家に帰るたびに、故郷の景観が荒れていくことに痛みを感じます。

投稿: 不良中年 | 2008年6月30日 (月) 20時49分

>不良中年さん
私は、マイナーなところが昔嫌いでしたが、今はそれがかえっていいかもと思います。
知られていないけれど、結構住みやすいところなんだよ、という感じで。
食べ物もおいしいし、空気も水もおいしいし、空はきれいだし、広々としていて混雑していないし。

福井は、郊外にパチンコ屋さんや商業施設がどんどん増えていて、町と農村部との境目がどんどん曖昧になっていっています。
何もないというところが外部の人間から見て魅力的でも、開発する人たちはそういうことはおかまいなしなんだろうな、と悲しくなります。

投稿: ぴか | 2008年7月 2日 (水) 06時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふるさとのなまりなつかし | トップページ | 誰でもいい誰かじゃなくて »