« エレクトーン | トップページ | 結婚相手が自分を幸せにしてくれるなんて大間違い »

2008年7月26日 (土)

若くいることができる職業

 だいたい私は惚れっぽいのだと思う。すぐ誰かを好きになる。この好き、というのは男女の仲というよりも、広義の意味の好きということ。

 先日、O大学のT先生のところに、研究に関して相談にのってもらいにいった。T先生、すごくよい先生で、すごく好きになった。私のように低レベルでまとまりのない話をする人間であっても、話をさえぎらずに最後まで聞いて、前向きなアドバイスを与えてくれる。しかも、そのアドバイスは具体的だったりする。もっと研究内容をつめてからアドバイスを受けにいった方がよかったと思うが、それでもよいアドバイスを得られてよかった。研究の次のステップにつなげていこう。

 T先生はとても若く見える。最初見た時は30代後半だと思ったぐらいであるが、実際は48歳である。T先生にそのことを告げると、ネイティブアメリカンが言っていた若くいるための3つのコツを教えてくれた。嘘をつかないこと、常に新しい人に出会う事、新しい環境に自分をおくことである。T先生は「研究者はこの3つを実践できるよい職業ですよ」と言っていた。確かに、通常の民間企業にいると嘘をつかないわけにはいかない。というか嘘ではないけれど、本当だとも言えない事を言ってその場を凌ぐ能力が必要だったりする。人見知りの私にとって新しい人に出会う事、新しい環境に身をおくことはかなり勇気がいることだけれど、それで新たな何かをつかむことが多いし、人生も楽しくなる。3つのコツは実践するのはなかなか難しいように感じたけれど、こんなに前向きに研究職っていいよと話してくれる先生ってすてきだなと思った。私もかくありたい。

|

« エレクトーン | トップページ | 結婚相手が自分を幸せにしてくれるなんて大間違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エレクトーン | トップページ | 結婚相手が自分を幸せにしてくれるなんて大間違い »