« 丸ぼうず | トップページ | わかりあえやしないってことだけを わかりあうのさ »

2008年8月18日 (月)

女の子は大きくなったら女の人になるの?

 娘に「女の子は大きくなったら女の人になるの?男の子は大きくなったら男の人になるの?」と聞かれた。子どもらしい素朴な疑問である。少し前であれば、「うん、そうだよ、当たり前でしょ」と答えていたと思うのだが、今では「うん、だいたい。」と答えてしまう。そう答える方が正解に近いかなと思うからだ。

 そう答えるようになった理由は、能町みね子さんのブログ(オカマだけどOLやってます。(改題後→)オカマじゃなくなりました。を見つけてしまったから。私はこのブログを読むまで、性別を変えるのって生き返らない限り、無理だと思っていた。でも、今では手術をして、きちんと手続きを踏まえれば、見た目も戸籍上も性別を変えることができるらしい。本当に本当にびっくりした。しかも能町みねこさんの最近のブログを見ると、高校生時代に平成8年8月8日に8の着く場所8カ所を巡るというとても男子らしい行動をしていたり、小学校時代にはピッチャーをやっていたり、と思い出がちゃんと男子っぽいのに(と、こんなことを書くと失礼かもしれないけれど)。

 人の親というものになってまだ4年しかたっていないのだが、すっかり親目線になってしまって、うちの子がこういうことを言い出したら(やったりしたら)私はどう対応しようというのを考えるようになった。能町みねこさんのブログを読んだ時も、うちの子が性別を変えたいと言い出したらどうしたらいいのだろう?と思った。子どもを産む前であれば、私は自分が女性であることに違和感なんてないからいろいろとややこしくなくて運がよかったな、と自分のことと比べるくらいで済んだのに。

 女の子として育てて、大人になって女の人になるのが当然だと思っている。でも、ひょっとしたらうちの子も性同一性障害である可能性もなくもない。そうした時に、能町さんところの親御さんみたいに認めてあげれるだろうか?「女に生まれたのは運命なんだから、運命に逆らわずに生きた方がいいんじゃない?」とか必死で説得しちゃいそうな気がする。ああ、でも、自分が本当に悩んでいて、親にこんなこと言われたら親に対してすごい不信感を抱いてしまうかも。それって、親にとっても子どもにとっても自ら招いた不幸な出来事のような気がする。

 今の世の中はとても不確実だし、常識だと思っていることも常識じゃないかもしれない。親が理解していることなんて、とてもとても狭い範囲のことしか理解していない。だって、今の時代、性別を変えることだってできるんだよ。

 だから、子どもが大人になって自分の想像を超えたことを言ってきた時、親ができることって、親がそれまでの常識にとらわれて考えていることを伝えた上で(だって、伝えないと嘘になるもの)、大らかに「あなたがやりたいようにすればいいよ」と言ってあげることしかないのかも。そうして、子どもが自分のできる範囲で自分がしたいことをするのを見守ってあげる。きっとそれが親としてやるべきことだと思う。娘が大人になるまでに、そういう不測の事態に備えて、寛容さを養わないといけないな、と思う今日この頃。

|

« 丸ぼうず | トップページ | わかりあえやしないってことだけを わかりあうのさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸ぼうず | トップページ | わかりあえやしないってことだけを わかりあうのさ »