« 女の子は大きくなったら女の人になるの? | トップページ | ところが全てが夢なわけでもないし »

2008年8月20日 (水)

わかりあえやしないってことだけを わかりあうのさ

 人間っていうのは、基本的にわかりあえないものだと思う。相手が何を考えているかなんて、推察することしかできなくて、完全に理解なんかできるもんじゃない。だからこそ、わかりあおうとする努力が重要で、相手と自分のどこが違っているのかというのをわかりあわないといけない。夫婦なり、2人以上の人間が一緒に時を過ごすには、こうしたことが基本にないと、うまく付き合えない。

 オットと結婚してよかったなー、と思うことの一つは、オタクっぽい話をしてもひかないで一緒に話にのってくれることである。

 オットと話している会話で、オタクっぽいと思うのが、好きなミュージシャンの話。オットがする話は、例えばこんな話。

XTCトッド・ラングレンにプロデュースしてもらった時、トッドが砂漠の真ん中にスタジオを持っていたのでXTCのメンバーは「トッドは本当に魔法使いだったんだ」と感動したらしい。で、トッドは1回目の録音でOKを出して、タメの部分とかも全部修正しまくって完成版としたのでアンディが切れたとか。

Queenはフレディ以外は妙に良い大学を出ている高学歴バンドとか。

 一方、私がする話はいわゆる渋谷系と言われていた人々の話が多い。例えば、

Flipper's Guitar解散直後に、小山田君がフットボールチームの応援歌を集めた"bend it!"という全然売れなさそうなコンピレーションアルバムを出した。でも、サッカーのことなんか全然詳しくないオリーブ少女達がだまされて買ったおかげで、オリコンで100位内に入ったよ、とか。

THE CORNELIUS GROUP、見たことのある顔だと思ったらbridgeのギターの清水さんとneil & iraizaのチャーベ君じゃない方だったよ、とか。

 そういう何の役にも立たない話を私達は嬉しそうに延々と話すのだ。これって傍目からみてたら、すごくイタイことなんだろうけど、当事者にとってはすごく楽しい。

 オットと私の趣味は完全に重なる訳ではない。というか、まったく重ならない。結婚前にオットが持っていたCDと私が持ってきたCDは一枚たりとも同じ物がなかった。わかりあえないことが分かっているからこそ、お互いの話にフンフンと耳を傾けることができるのかもしれない。オットが嬉しそうに私に「この曲すごくいいよー」と聞かせる時、私と趣味が違うなーと思うこともあるけれど、結構いいかも、と思ったりする時も時々ある(例えばxtcもトッドもクラフトワークも全然好きじゃなかったけど、今では好き)。同じように私のCDをオットが気に入る時もある。そういう時、オットと結婚して本当によかったな、としみじみ思う。

 - - - - -
 上記の情報は、多分好きな人だったら知っているようなこと。Wikipediaにだって書いてあるので目新しい情報はない。と、一々書くのがオタクっぽいですけど。

 - - - - -
 同じようなことが「となりの801ちゃん」の過去の記事に書いてあって、とても共感した(でも、私は漫画とかアニメとかにはあんまり詳しくないので、801ちゃん達の会話はさっぱりわからない)。

|

« 女の子は大きくなったら女の人になるの? | トップページ | ところが全てが夢なわけでもないし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女の子は大きくなったら女の人になるの? | トップページ | ところが全てが夢なわけでもないし »