« 闇の中 | トップページ | おうちでごはん会 »

2008年11月29日 (土)

鉄分高め

先日、家族3人でハイキングをした。
 向かった先は、旧福知山線廃線跡というなかなか鉄分の高い場所。 (鉄道に関する情熱の度合いを「鉄分」と表現するらしい)。

 鉄道って5%でも急こう配になるくらいなので、廃線跡は平坦な道のりなのだ。いい感じに朽ちた枕木の上を歩いて行くのは、結構楽しい。
 旧福知山線は一般の道路とは少し離れた武庫川沿いにある。武庫川渓谷は、切りだった岩がたくさんあり、非日常感を味わえた。
 何よりよかったのが、トンネル跡。鉄道が通っていたトンネルをそのまま放置しているので、トンネルの中には電気も何もない。
 私達はうっかりものなので、懐中電灯をすっかり忘れて行った。だから、真っ暗闇の中を、とぼとぼと歩き続けた。あまりにも真っ暗で、隣で 歩いているはずのオットの顔も見えず、足下は枕木で凸凹しているし、怖いよー怖いよーと思いながら歩き続けるのはなかなかスリリングだった。

 廃線跡を歩いた跡は、武田尾温泉へ。
 この武田尾温泉も素晴らしかった。いい感じでひなびていて。
 私達が入った河鹿荘という旅館は、外観はつげ義春の漫画に出てきそうなくたびれた雰囲気だったので、オットと「どうしようか」と入る前に少し悩んだ。だが、入ってみるとなかなか立派な玄関で、お店の人の対応も良いし、温泉もぬるめで肌もつるつるするし、いい温泉だった。でも、浴場の壁のタイルははがれていたけれど。
 有馬温泉と比べると、同じ六甲にありながらも、ほとんど観光地化されていないのがいい。

 - - - -
 交通計画を生業にしようと決めてから早9年。そうでありながらも、鉄道やバスを愛する人たちの気持ちがいまいち分からない。そんな私でも、廃線跡は愛せそうな気がした。

  200811161701_s 200811161704_2 200811161708

|

« 闇の中 | トップページ | おうちでごはん会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闇の中 | トップページ | おうちでごはん会 »