« テベリ | トップページ | ゆらゆらとした手づくりもの »

2008年12月15日 (月)

Sensurroundの楽しみ方

 Flipper's Guitarにはまった中2以来、私はcorneliusが大好きだ。corneliusは常に新しくて、気持ちのよい音楽を提供してくれる。 だが、Sensousは買ってiTunesに入れてはいるものの、あんまり聞き込んでいなかった。Sensousに入っている曲はどれもこれもメロディらしいメロディがなくて、何かあんまり楽しく聞けない、と思い込んでいたのだ。このたびcorneliusがグラミー賞の「最優秀サウンドトラック・アルバム」にノミネートされたというので、Sensurround(DVD)をいまさらながら買ってみた。

 で、Sensurroundを見て、私はやっとSensousの楽しみ方がわかった。想像力をかなり必要とする音楽なんだ。

 以前、Kahimi Karieが新しいアルバムを出した際にこんな意味合いのことを言っていた。

生活している中で静かにして耳を澄ますと、身の回りの音が全て音楽に聞こえてくる。それこそグラスに触れた時の高い音や、エアコンの音といった生活音が音楽を奏でているように聞こえる。それをアルバムにしたかった。

 たぶん、sensousに入っている音楽は、それに通じるものがあるように思う。日常の中の非日常。音楽を奏でる日常的な風景。

 そんなわけで、うちの家のテレビでは、DVJのような感じでSensurroundが流れている。4歳児の娘も大好きで、"Fit Song"や"Music"を見て、くすくす笑っている。子ども向けでもなく、お笑いでもない、しかも物語らしい物語もないのに、子どもを引きつけるこのDVDってすごい、と改めて思う。

 ちなみに、Sensurroundの映像のいくつかは、corneliusのwebページ(音注意)で見ることができる(オットにDVDを買った意義が薄い、とグチをこぼしたら、「好きなミュージシャンに対するお布施でしょ」と冷たく言われた)。下記のyoutubeは、私が一番気に入っている"Fit Song"。

 

|

« テベリ | トップページ | ゆらゆらとした手づくりもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テベリ | トップページ | ゆらゆらとした手づくりもの »