« ホームコンサート | トップページ | アクセントが崩壊している »

2009年1月12日 (月)

Kazuo Kawasakiの眼鏡

200901071825  年末に福井に帰省した際に、Kazuo Kawasaki Ph.Dの眼鏡を購入。

 福井北の庄通りの増永眼鏡にて購入したのだが、ここの店員さんが素晴らしくよかった。年配の方と若い男性の2人(たぶん親子かな?)でお店を切り盛りされているのだが、私たちがふらふらと眼鏡を見ていると、一つ一つ丁寧に説明をしてくれた。眼鏡を決めた後も、ものすごく丁寧に目の検査をしてくれ、顔や鼻梁の大きさもしっかり計測してくれた。眼鏡のツルの色やレンズの形も実物を山ほど見せてくれて試させてくれたし。お店の人が眼鏡のことを大事に思っていて、お客さんに良い物を購入してもらいたいという気持ちが伝わってくる感じがした。買い物の後に桃の香りのする紅茶も淹れてくださって、これもすごくおいしかった。人の温もりを感じる買い物だった。ちょっと高かったけれど、私は本当に良い買い物をしたなーって幸せな気持ちになれた。

 購入したのは、ペイリンさんと同じ形のもの(流行にのったみたいで恥ずかしいけれど、一番気に入ったのが結局これだったのだ)。フレームがなくて、つるがレンズにクリップみたいに刺さっている。ネジが使われていないので歪みが生じにくく、鼻や耳にかかる圧力が小さくなるように設計されているとのこと。チタン合金を使っているのでとても軽いし。ミニマムなデザインで、かけていても眼鏡があんまり目立たなくていい感じ。しかも長時間かけていても、全然重くならない。素晴らしい。

|

« ホームコンサート | トップページ | アクセントが崩壊している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホームコンサート | トップページ | アクセントが崩壊している »