« こどもの歌 その2 | トップページ | 気づくのはいつでも過ぎたあとだろう »

2009年1月25日 (日)

演劇のようなライブ

 前々回の日記の補足。

 ソラネコのライブはすごい。ライブのイメージをくつがえされる。

  私が初めてソラネコさんを知ったきっかけは、はじめにきよしのきよしさんとはたさん(ソラネコのボーカル)のユニット「はたき」のライブを見に行ってとき。このときのはたさんのイメージは、カレー男の歌とかおもしろい歌も歌うけれど、伸びやかな声を持つかわいらしい方だな、という感じ。
 で、その時にもらったフライヤーをみて行ったソラネコのライブがめちゃめちゃ面白かった。もうだいぶん昔になるので、うろ覚えだけれども、紙芝居に合わせて演奏をしたり、影絵があったり。パーカッションには空き缶がついているし、子どものおもちゃを楽器に使ったり、にぎやかな曲ではみんな飛んだり跳ねたりしているし。衝撃的だった。バンドで、こういう表現の方法があるんだって考えもしなかったから。

 先週家族三人で見に行った「ソラニセイザ」は、ソラネコのうたと落語家の桂三金さんの落語が聞けるというすごくお得なライブ。しかも入場料は投げ銭なので、自分が満足しただけ払う。場所は高槻の南風楽天というステージがあるご飯屋さん(ご飯もめちゃめちゃおいしかった)。
 久々に見るソラネコさんのライブは、やっぱり面白かった。見ていて、引き込まれる。シャボン玉とともに登場だし。「ギヤマン」というタイトルの歌紙芝居、うちの娘は吸い込まれるように見ていた。はたさんのわきカスタネットもすごかった。途中でカスタネットのソロパートがある曲があって、なぜかはたさんはカスタネットをわきにはさんで叩く。会場からは「わき!」「わき!」のかけ声。うわー、何これ、すごいわ。面白すぎて涙があふれた。
 三金さんの落語も素晴らしかった。当たり前なんだけど、本当に話が上手で、話の先が見えても面白い。大喜利の進行もすばらしくて、三金さんのつっこみが入ることで、面白くなる。
 最後は、ソラネコと三金さんと一緒にキラーチューン「けものちゃん」を演奏。三金さんは箱の形をした打楽器を演奏された。今まで4,5回ソラネコのライブに来ていると思うのだけど、毎回「けものちゃん」はすごく盛り上がる。うちの娘は、はたさんの「踊っていいですよ」という言葉を真に受けたのか、椅子の上に立ち上がって、ノリノリで踊り続けていた。わたくしはうちの娘のこういうノリのいいところが好きだ。というわけで、本当に本当に楽しいライブだった。


本に、「プラスチックワード」と「安心社会から信頼社会へ」を追加。一つの記事に書こうと思っていたのだけれど、なかなかうまくまとめきれなかった。だから、とりあえずのメモ。読んだ本の内容を次から次へと忘れてしまうので、もっとメモを活用しようかと思う今日この頃。(このブログは、ワールドワイドに公開している私のメモ帳ですから)

|

« こどもの歌 その2 | トップページ | 気づくのはいつでも過ぎたあとだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こどもの歌 その2 | トップページ | 気づくのはいつでも過ぎたあとだろう »