« 演劇のようなライブ | トップページ | 北山の茶室住宅の話5-便利よりも不便の方が良い時もある- »

2009年1月31日 (土)

気づくのはいつでも過ぎたあとだろう

 学生生活もあと1年強。論文も書かないといけないけれど、そろそろ就職のことも考えよう。ということで、先日、博士後期課程在学者を対象としたキャリアセミナーに行ってみた。そこで、日本の博士号取得者には欠けている能力が2つあるという話が出た。

ひとつは、プロジェクトをマネジメントする能力。
もう一つは、コミュニケーション能力。自分の研究をプレゼンして、資金をとってくる能力。

 ああ、ああ、よくわかりますよ。イタイところを突かれている感じ。これは先生方にも問題があるし、学生側にも問題がある。
 先生方の多くは、研究者というのは徒弟制度のようなものだと考えているので、研究者の育成のために特別何かをしなければならないとは考えていないふしがある。一方、学生側も、大学までの受け身型の教育に馴れすぎていて、自らプロジェクトを動かすという意識が薄い。
 現状では、研究者になれるかどうか、博士後期課程を充実して過ごせるかどうかは、入学してきた人間の才能に大きく依存している。才能のある人間以外は研究者になるべきじゃないというのも一理あるかもしれないのかもしれないが、博士後期課程で過ごす時間、投入されるお金(学生が払う授業料だけでなく、公立大学であれば間接的に投入される税金など)がもったいない気がしてならない。

 ええと、こうやって、愚痴っていても仕方がないので、とりあえず、博士後期課程に入ってしまった人間は、どうすればよいのか、っていうのを考えてみよう。
 社会学に近いような研究をしている人間であれば、とりあえず、自分のフィールド(先生が主になっているんじゃなくて、自分が主にならざるを得ない現場)に出てしまうというのも一つの手。現場の多くは、何かしか課題を抱えているし、それを解決しようすると何かしかのプロジェクトを動かさないといけなくなるから。
 あと、研究助成もできるだけたくさんの申請するとよいような気がしている。RA(Research Assistant)をしていれば、科学研究費にも申し込めるし(学術振興会の特別研究員も申し込むべき)。民間でも、若手が取りやすい助成金も多い(UMINの研究助成公募情報にたくさん公募情報は載っている)。もし、助成金が取れなかったとしても、申請書の書き方の練習になる。実際に助成金がとれれば、自分が自由に使える研究費ができるし、何かのプロジェクトを動かさないと助成金の報告書も書けないから。

- - - - -

 何にせよ、最高学府の大学院、しかも博士後期課程を修了したのに、能力がちゃんとついていないという現状は由々しきことだ。さらに、博士後期課程を修了した後に「高学歴ニート」になっちゃう人も多いという話を聞いて、凹む凹む。

 ここ(日本に起業家が少ない理由)にも書いてあるけれど、高学歴ニートになっちゃう人たちは、自己抑制キャパシティが小さい。かといって、社会適応スキルも高くないぞ、きっと。

ちなみに、自己抑制キャパシティというのは、

23才から60才過ぎまで40年間、毎日1時間以上をラッシュの地下鉄でぎゅうぎゅうにもまれる人生に「耐えられるか」とか、
同じく雨の日も雪の日も二日酔いの日も子供が病気の日も気温が40度の日も「ネクタイにスーツジャケットに革靴」でそういう電車に乗るっていう生活に「耐えられるか」と。
超くだらんことをいう、いかにも能力も時代への適応力もない上司が自分の倍の給与を貰っていても「まあそんなもんだ」と納得し、自分がそういう立場になるまで「20年間待てるか?」とか
(以上、日本に起業家が少ない理由から引用)

ということ。

 あー。わかるわかるよ。少なくとも私は自己抑制キャパシティが小さいよ。
 そういう不条理なことに耐えられないから、10年前公務員試験を受けるの止めたんだよな。やってられるか!!(゚ロ゚屮)屮って。会社員生活も3年しかもたなくて、会社員生活をオットに押し付けてしまっているよ。能力があれば起業家の道もあるのかもしれないけれど、私にそういう能力はないような気がするしなー。高学歴ニートの道はすぐそこかもよ。((((;゜д゜)))ガクガクブルブル。あははははは。

|

« 演劇のようなライブ | トップページ | 北山の茶室住宅の話5-便利よりも不便の方が良い時もある- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 演劇のようなライブ | トップページ | 北山の茶室住宅の話5-便利よりも不便の方が良い時もある- »