« オットの手料理 | トップページ | 子どもに間違えられる »

2009年9月23日 (水)

きょうとおんぱく

 昨日は京都音楽博覧会に家族でいった。京都音楽博覧会は、くるりが主催で、京都梅小路公園で行われる野外音楽イベント。

 今回の出演者は、すごく多岐にわたっていて、面白かった。京都で地道に活躍するふちがみとふなと、Ben Kweller、矢野顕子、BO GUMBO3 feat.ラキタ、奥田民生、石川さゆり、くるり。どの出演者もすごくよかった。

○ふちふなさん:ふちがみさんの声も伸びやかだったし、ふちがみさんが嬉しそうにウッドベースを弾いていた。こんな大きな会場で聞くふちふなさんは初めてだったので、新鮮だった。いつもは伸ばせば手が届くようなところで、演奏してはることが多いから。

○Ben Kweller:私、この人のこと全く知らないのだけれど、アコースティックな編成でポップな曲が多くて、好きな感じ。

○矢野顕子:初めてまともに聞いたかも。聞いたことのある曲も何曲か。ちょうどよいところで、梅小路公園で動態保存されている蒸気機関車の汽笛が鳴って面白かった。矢野さん、50歳超えているのに若々しくて、素敵。かわいらしく年を重ねている感じがした。

○BO GUMBO3 feat.ラキタ:普段聞かない系の音楽なので、新鮮でかっこよかった。京都で伝説的な人気を誇るバンド。ドラムの方に見覚えがあるなぁと思って、記憶をひも解いたら、金沢でこまっちゃクレズマにゲストミュージシャンとしてきてはった岡地さんだった。

○奥田民生:ギター一本のまったりしたソロ。くるりの岸田さんとのデュオもあり。野球のことが気にかかっているようで、「息子」の曲名を「がんばれカープ」といいはっていた。蒸気機関車にいちいち反応していたのも、かわいらしかった。

○石川さゆり:、野外フェスなのに、フルスペックの演歌を聞かせてくれて、女気を感じた。鼓の音まで聞けると思っていなかった。演歌にこんなに心惹かれると思わなかったなぁ。津軽海峡冬景色の前奏に鳥肌がたった。ソーラン組曲では子どもと一緒に盛りあがった。あのリズム、日本で生まれ育った人間に染みついているのかも。くるりには申し訳ないけれど、このフェスで一番盛り上がったのは、石川さゆりの「天城越え」だと思う。普段演歌を聞かない人々1万人を前にして、あれだけ盛り上げることができる石川さゆりの力量に感心した。

○くるり:私にとって、くるりは「タモリ倶楽部」の鉄道特集に出てくる人。鉄道が好きなのもあって、梅小路公園で野外フェスしているのかなぁ。正直、知っている曲は一曲もなかったのだけれども、どの曲も好きな感じ。京都に関する歌も多くって、京都で学生生活を送っていたら、もっと楽しく聞けたんだろうなぁ。くるりのファンはおとなしそうな人が多かったのだけれど、一人だけ激しく踊り狂う女の子がいて萌え。いいなぁ。周りから浮くぐらい、自分の世界に入り込めて。見ているこちらも楽しかった。つられて、私も子どもとおどってみたけれど、一曲で疲れてしまった。

 出演者の合間に20分くらい休憩があるのも、まったりできてよかった。準備のためと、終りの時間に制限があるので、余裕をみた構成になっているみたい。安心してトイレ休憩にもいけるし、物販も見に行けるので、ちょうどよいかも。それに、サマソニとかと違って、全体的にアコースティックな編成なので、まったり聞けるのもいい。ござひいて、お弁当食べながら、座って音楽を楽しめた。

 あー、楽しかった。また、来年も行きたい。来年は、梅小路公園の蒸気機関車も楽しみたい。

|

« オットの手料理 | トップページ | 子どもに間違えられる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オットの手料理 | トップページ | 子どもに間違えられる »