« 結婚式の不思議 | トップページ | 障害があること自体は不幸じゃないはず »

2009年10月25日 (日)

みちくさをくおう

 先日、はじめにきよしのインストアイベントに行った。6年ぶりのニューアルバム「みちくさ」に合わせたイベント。新しいアルバムには、20曲も入っている。サキタさんののこぎりも、きよしさんのピアニカも生で聞くと本当にいい音でうっとりした。素敵な曲ばかり。 

 ライブでは、きよしさん、緑色の変わった鍵盤ハーモニカを使ってはった。口笛のような高い音色。大きさも普通のものよりも幅が広くて、鍵盤少なめ。調べたら、アンデスという鍵盤リコーダだった(ハーモニカじゃないのね)。いいなぁ。ちょっと欲しい。 でも、弾くのがすごく難しいみたい。

 ライブの後は、サイン会。娘は、NHKのテレビ番組「
シャキーン」で流れている「るるるの歌」が大好きで、これを歌っているサキタさんに会いたい、会いたいと言っていた。映画「パコと魔法の絵本」を見た時も、ノコギリを弾く包帯男さん(サキタさん)にも会いたがっていた。それなのに、サイン会では恥ずかしがって目も合わせられなくて、机の下に隠れてしまった。最近の娘は恥ずかしがりやさんだ。

 思い起こせば、"はじめにきよし"を聞きだしてから、もうすぐ10年。金沢のもっきりやではじめて聞いたのが最初。それ以来、ライブに時折でかけたり、アルバムを買ったり、人にプレゼントしたりしている。聞くと気持が落ち着くというか、ほっこりさせられるというか、うれしい気持ちになる。久しぶりに新しいアルバムが聞けて、うれしいなぁ。

|

« 結婚式の不思議 | トップページ | 障害があること自体は不幸じゃないはず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結婚式の不思議 | トップページ | 障害があること自体は不幸じゃないはず »