« 自分に向いていないこと | トップページ | 私のこと あなたはまだ 誤解している かもしれないわね »

2010年3月30日 (火)

春の日に君と私が誓ったことが永久の力を持つといいのに

Wedding

 今日は結婚記念日。8年前のこの日に私たちは結婚した。

 私たちは結婚指輪を買っていない。結婚指輪を買わなかった理由は、特に必要性を感じなかったのが最大の理由。結婚式が神式だったので、なくても進行に問題なかった。それと、オットが「指輪物語」のファンなので、指輪を付けると自分じゃないものに心を持って行かれそうで嫌だとかいう、わけのわからない理由。

 結婚指輪を付けていないと、時折不便なこともある。既婚女性で結婚指輪をしていない人って少ないようで、「独身にみられたいんだろう」と勘ぐられたりする。私は、そういうつもりは全くなくて、ただ単に持っていないだけなんだ。ていうか、既婚/未婚って人のパーソナルデータとして、それほど重要なんだろうか? そういえば、学部生達に、私は、助教の先生の彼女だと噂されていると聞いた。しかも珍妙なあだ名までつけられて。ほんまに勘弁して欲しい。結婚指輪をしていないせいもあるかもしれない。助教の先生は、学部生の時の同級生であること、協同研究者であることから、自然と一緒にいる時間が長いっていうだけなのに。教授や准教授の先生方に話したら、爆笑された。というか、オットまで爆笑していたのはどうかとorz。この時、初めて結婚指輪を買おうかどうか迷った。でも、いらないよなー、いまさら。

 うちには結婚指輪がないのだが、婚約指輪はある。婚約指輪は、義母のお下がり。義父がロシアで買ったダイヤ。タテヅメのクラシカルなデザインで、夢野久作の短編("死後の恋"とか)に出てきそうな感じで、気に入っている。きっと、このダイヤを巡って様々な物語が紡がれたに違いない(ごめんなさい。いつもの妄想癖です。そんないわくつきのダイヤのわけない)。義母には「デザインが古いから作り変えていいよ」と言われたのだが、古臭いデザインも味があっていいと思ってそのまま。友人の結婚式に出席する時ぐらいにしか付けないので、登場頻度は年に1回程度。

- - - - -

 ええと。今だから言える話として。私は指輪に思い入れがないのかというとそうでもない。

 高校の頃の同級生が「指輪というのは自分で買う物ではなく、恋人に買ってもらうものだよ」というのを真に受けて、初めてできた彼氏に「指輪がどうしてもほしい」とねだった、という小っ恥ずかしい思い出がある(ほんまにアホやな、私は)。結局、その彼とはいろいろとあって破局したので、指輪なんかをもらうと関係を続けることができないのではないかと恐れている。そんなわけで、オットに「指輪がほしい」と言ったことがない。私は、占いの類いは信じていないのに、この手の験担ぎをついついしちゃうんだよな。あははは。切り株でウサギを待ち続けるようなものか。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」の愚者そのものだ。

- - - - -

 多分、指輪には契約の意味合いがある。あなたと私は死が二人を分かつまで時間を共有しましょうという契約。指輪物語云々はオットの照れ隠しの一つだと思うのだが、オットはとても優柔不断なので、私に束縛されるのを恐れ、契約を先のばしにしたかったのだろう。悪意じゃなく愛情であったとしても、何かに束縛される、しかも永遠に束縛されるということは、とてもとても怖いことだから、その気持ちはよくわかる。

 でも、8年の月日が流れて、家族が一人増え、私達ふたりはいろんな経験を共有してきた。多分、この一緒に過ごした月日が私達の契約のしるしで、指輪の代わりなんだと思う。この8年間の経験を大事にしよう。そして、これからも、ぼちぼちと時間を共有していけるといい。束縛でも依存でもない関係を大事にしよう。結婚記念日ということで、気持ちを新たにして、これからもよろしく、ということです。

|

« 自分に向いていないこと | トップページ | 私のこと あなたはまだ 誤解している かもしれないわね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分に向いていないこと | トップページ | 私のこと あなたはまだ 誤解している かもしれないわね »