« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

郊外について思うこと(その3)-耳すまのリアリティについて-

 少し前に、テレビで「耳をすませば(耳すま)」が放映された。ジブリの映画は夏になると、新作が封切られるので、この時期になると必ず放映される。この映画、鬱映画として有名で、この映画で描かれている中学生の恋愛があまりにもキラキラと輝きすぎていて、自分の中学生時代と比較して、鬱入っちゃうらしい(もちろん、私も鬱入るよ!)。最後のシーンとか、なんだよ、あれ。見るたびに、赤面して身もだえするよ!

 というのは、さておき。この映画は多分多摩ニュータウンを舞台にしている(友人に指摘されたのだが、平成狸合戦ぽんぽこも同じ多摩ニュータウンを舞台にしている)。ジブリの映画は、ロケハンを綿密に行っている。宮崎駿という監督は、郊外やニュータウンを肯定的に捉えていないという印象があったので、この映画でのニュータウンの書かれ方は少し意外だった。

 耳すまの主人公が住んでいる家は、旧都市公団のものだと思われる真ん中に階段室のある団地だ。3DKで物があふれている狭い家。大学生の姉と中学生の妹が同じ部屋を共同で使っている。家の周りには坂道がやたらと多い(最後の主人公たちが自転車で駆け上がる道は、路面に急勾配のための滑り止め加工がされている)。そういう普通の郊外の生活が丁寧に描かれている。(モデルとなった土地については、こちら等をどうぞ)

 宮崎駿監督の他の作品のヒロインは、何か大きな運命の渦中にいて、何やら大変なものに立ち向かっている。でも、耳すまでは、何の変哲もない中学生の少女の恋愛を描いている。その舞台として、ニュータウンを選ぶというのは、なかなか心憎いと思う。ニュータウンは、まったくもってストーリーを邪魔しない。なおかつ、今、多くの人が郷愁を抱くことができる風景なんじゃないかなぁと。ニュータウンに住んでいる私たちにとっては、田舎の風景はテーマパークのようでリアリティは全くないのだ(例えば、サマーウォーズで描かれている田舎の風景は、憧れの場所ではあるが、私には郷愁の念は起きない)

| | コメント (0)

郊外について思うこと(その2)-大規模ニュータウンについて-

 ニュータウンは、自然発生的にできた下町や歴史のある市街地とは違う。計画者の意図が透けて見えるような地域だ。自然発生的に作られたものが少ない。日本の初期の大規模ニュータウンは、ハワードの田園都市ペリーの近隣住区論をもとにして作られた。ただ、ハワードの見た夢と違って、ニュータウンはベッドタウンであり、職住近接は実現できていない。

 私は、今、日本で最初に開発された大規模ニュータウンに住んでいる。

 ここは最初に開発されただけあって、教科書どおりのものをあちこちで見ることができる。例えば、クルドサック。歩車分離。近隣センター。地域センター。メゾネットなどなど。

133397231 歩車分離に関しては、我が家がある地域では、住宅から、保育所、幼稚園、小学校、中学校、近隣センター、地区センターに行くのに、車道を横断することなく完全に歩いていける。急に走り出したり、しゃがんだりするスイッチが入っている子ども(親にはそのスイッチが誤作動しているようにみえるが、代わりに羽化したてのセミや菫などの野の花といった大人が忘れていたものを見つける能力がある)がいる親にとって、これほど安心できることはない。

 地域センターと住宅をつなぐ遊歩道には、いつもいろんな人が行き交っている。近所の方、保育所のお友達ともよくここですれ違って、挨拶を交わす。他の地域の遊歩道を詳しく調べたわけではないが、遊歩道というのは人通りが少ないことが多いように思う。必ずしも人の動線と一致していないこと、鬱蒼とした街路樹のため、痴漢やひったくりなど犯罪の危険性が高いことから、人の行き交いが少なくなるのではないかと思う。うちの家からこの遊歩道は、少しだけ遠回りになるのだが、娘が「お友達に会えるかもしれないから」というので、よく通る。

 近隣センターは空き店舗が増えて機能が弱まっているが、スーパーや郵便局があり、そこそこ機能している。うちの最寄りの近隣センターには、街角広場という地域の有志の方が運営している空き店舗を活用したカフェがあって、憩いの場としても機能している(ほんまにこれはうちの地域の誇りだと思うのよ。すごいよ!)。

 それに、計画どおり作られていても、30年ほどたてば変な癖みたいなものが出てくる。竹林、坂の多い道、遊歩道、渡り鳥たち。街路樹、昼間でも暗い竹林のある公園は、これほど鬱蒼とすることを予想していただろうか? 車止めとして作られたコンクリートの動物も、色がくすんで変な味わいを出している。そういう癖のようなものが愛着に繋がる。 

 ニュータウンに住むまで、ニュータウンというのは面白みがなくて、魅力的じゃないと思っていた。町には、得体のしれない部分、わけの分からない部分があってほしいと思っていた。でも、私は、今、住んでいるニュータウンの良さを書きだしたら、いくらでも書ける。ただ、この良さは、仕事と生活が密着していなくてよいということ、欲しいものは自分で作るのではなく、お店で売っている画一的なものを購入することで用が足りちゃうということ、そういう今の消費社会の特性によくあっているというだけだと思う。今の働き方、消費の仕方を肯定するかどうかは、別の話。

 写真:娘が見つけた羽化したてのセミ。娘が急に立ち止まって、動かなくなったので何事かと思ったら、そこに翡翠のような美しいセミがいたのだ。(翡翠のようなセミという表現はsisterbronteさんが使われていて、すごく美しい表現だと思い、真似してます。私も美しいものを、美しい言葉でさらりと表現できるようになりたいです。)

| | コメント (0)

郊外について思うこと(その1)-デベロッパーたちの夢のあと-

 戦後から高度経済成長期にかけて、我が国においては、私鉄の発達に伴って、既成市街地の周辺部にあたる郊外部に住宅が開発された。近年にいたるまで市街地は拡大を続け、都心までの距離が遠く鉄道の延伸を望むことができないような地域においても、数多くの郊外型新興住宅地が開発されている。

 最近、こんな書きだしの論文を書いた。

 大阪府内には、新興住宅地がたくさんある。既成市街地の周辺部だけじゃなくて、あぁ、ここらへんは山だなぁとほくほくサイクリングなんかをしていると、突然、まとまった住宅地がぽっくり現れたりするのだ。たとえば、豊能町にある希望ヶ丘は、地域内に買い物施設もなければ病院もない。最寄駅まではバスで1時間だ(希望ヶ丘の不便さについては、Wikipediaを参照してください)。最近開発されたばかりの箕面森町も、地域内には施設がない(ちょっとどぎついけれど、こちら「箕面森町&箕面グリーンロード」をどうぞ)。大阪府内ではないけれど、京都府亀岡市の茨木台は、ちょっとすごい(これもどぎついけれど、こちら「限界マイホーム・バブルの負の遺産 茨木台ニュータウン」をどうぞ)。

 既存の農村コミュニティと違って、こういった新興住宅地に住んでいる人たちはそこに住んで理由が希薄だ。生まれ育った場所でもないし、経済的な糧を得る場所でもない。ベッドしかない場所だ。不便さに耐えかねたお金がある人々は、家を売り払って、便利なところに移り住むという動きもある。高度成長期に作られた新興住宅地の多くは、高齢化とともに人口が減りつつある。将来的にどうなっていくんやろう? どうしていくのがいいのだろうなぁ。

 今のままの傾向が続けば、これから人口がどんどん減少していく。そうした中で、経済効率だけ考えれば、郊外の住宅地はつぶしてしまって、町中に高密度ですむ方がよいだろう。でも、一度作ったものを完全にないものにすることはできないだろう。

 住民自身による地域の活性化活動(エリアマネジメント)もあるが、これをやっていくためには、地域への愛着とか問題意識の共有とか、制度とか、財政面での裏付けとか、地方自治体の体制とか、いろいろとハードルが高い。国の思惑通り、なかなか進まないだろうと思う。

 うーん、難しいですなぁ。何が言いたいのかわかりにくい文章になってしまったし。もうちょっとちゃんと考えます。 

 追記:リンク先が間違っていたのを修正しました。

| | コメント (0)

2010年7月 5日 (月)

子どもは育つ育つよ 親の意思とは関係なく というわけでもなく 親をうつす鏡のように

124763328 今年も、苦手な保育所の個人懇談に行ってきた。希望者だけということだったのだけど、避けるとなおさらもやもやすると思い、お願いしたのだ。

 いまだに大学にいるくせに、私は学校というところがずっと苦手だった。学校というところは、なにかの評価基準をもって子どもを評価する場所で、その評価基準にひっかからないような個性をもった子どもは何も評価されない。価値が無いって言われてしまうのだ。親バカかもしれないし過剰な反応かもしれないが、私は娘が保育所の先生から「価値の無い子ども」「出来の悪い子ども」と評価されるのを恐れている(実際、それに近いことを3歳の時に言われて、かなり凹んだ。それが、個人面談が苦手であることの一番の原因。うぅ、こんな小さいことをいつまでも気にしていたら、オカンとしてダメダメや。根に持ち過ぎ)。もし、万が一、外の世界がうちの娘を評価しなくても、私は娘の一番の理解者であり続けたいと思っているし(実際は理解できなくても)、うちの娘は良い子だと信じている。

 っていう、ネガティブすぎる前ふりだけれども。結論から言うと、うちの娘は保育所をエンジョイしているようだし、担任の先生はうちの娘をよく理解してくれていた。

 どうやら、うちの子は、家の中と一緒で、保育所でも超マイペースらしい。先生がみんなに向けてお話をしている時に、途中で口をはさんで、「あのなー、言いたいことがあるねん」って自分の話を始めようとするらしい。で、何回も先生に「ちょっと待って」って止められるんだとか(大きくなったら口をはさまなくなって、代わりに妄想の世界に浸るようになるんだろうか)。

 元気のよいお友達には混じれていないようだけど、気の合うお友達が一人いるらしい。おっとりした子で、キツいこととかは決して言わない。このお友達と二人で妄想ごっこをしているとか。お友達は大人しい子なんだけど、うちの娘といる時は、大きな声で笑ったりして楽しそうにしているらしい。

 誉められたのは、切り替えがとても早いこと(これはオットの性格だ)。友達と喧嘩しても、次の瞬間には笑って遊べるとか。落ち込むことがあってもひきずらない。

 グループ活動も楽しんでやっているらしい。気の強い子に何か言われると言い返せないが、自分の意見を持っていないわけでもないこと。

 うちの娘は視点が少し面白いらしい。他の子と違うようなことを言うらしい。記憶力もよくて、ニュース等で得た知識を、先生に報告するとか。

 来週で、うちの娘は6歳になる。6年は長い月日のようで、あっという間だった。娘が生まれた日の朝の光を昨日のことのように覚えている。まだ6歳だけど、もう6歳。無事、育ってくれてよかった。そして、よい先生、お友達に囲まれて楽しく過ごせていることに、強く感謝している。

(追記)
 生きていく上で、承認されるというのはすごく大事なことだ。自己承認、対となる人からの承認、家族からの承認、コミュニティからの承認、社会からの承認。どれもバランスよく得られれば一番良いと思うのだけど(対となる人からの承認は、大人になってからでいいよ!)。自己承認を得ることができないと、他からの承認を得にくいように思う。また、逆に、他者からの承認を得ることができないと、自己を承認することができない。

 今年は、たまたま良い先生に恵まれたというのはあると思う。子どものうちは、学校からの評価(承認)が自分の評価のように感じることも多い。でも、できれば、学校だけでなく、親、コミュニティなど多様な視点で子どもを承認していくことが子どもの成長には必要だと思う。そういう多様な人たちの繋がりを、親は提供できるといい(オカンの私、がんばれ!)。

- - - -
(写真)お初天神の難転石。くるくると回すことで、難を転じるそうです。

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »