« 形なきものを枠に押し込める 枠に入りきれない部分は多いけれど | トップページ | 終わらない8月 エンドレスサマー »

2010年8月27日 (金)

現実から逃げるための助走のようなもの あるいは、現実に戻るための助走のようなもの 夏の終わりにもう一度走り出すために

 逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ(c)。
 何かを書き殴りたい気分。ということで、思いついたよしなしごとを、つらつらと。

- - - - -
 子どもの頃、私から見えている世界と、他の人から見えている世界は一緒なのかなって、気がかりだった。人が見えているものが私には見えていない気がしていた。
 大人になって、どうやら違うらしいということがわかった。人は見たいものしか見ない。見る訓練をしている人と、していない人とでは見えるものが違う。
 それがわかって、ほっとしたと同時に孤独を強く感じだ。というのは、私が考えていること、感じていることは、どんなに言葉を費やしても、どれだけ文章が上手になっても、伝わらないのだということだ。私が見ている世界は私だけのものなんだ。

- - - - -
 子どもを産んだ時、朝の光がやたらと眩しかった。光の中に、宇宙人のように無垢な娘と出会った。死ぬほど痛い陣痛で、私は一回死んで、子どもと共に、生まれ変わったのだと思った。人生リセットして、やり直そうと思った。
 でも、やり直しなんてどうやってやればよいか、よくわからない。ちょっとずつ前に進む。たまに後ろに下がるけど。とりあえず体だけは前を向いておこうぜ。

- - - - -
 映画の空気人形を見たせいで、体の空気を抜かれる夢を繰り返し見ている。 自分が空気でできたお人形になって、お腹の栓から空気をしゅるるるる~と抜かれるんだ。体がぺたんこになって、動けない。誰かに空気を入れてもらわないといけないのだけど、誰もいれてくれない。自分で空気入れるしかないのよ。

- - - - -
 私が祈りを捧げている先って、一体全体なんなんだろう。
 気がついたら、信仰もなしに生きて来た。選択することもなしに、無信仰になっていた。
 それでも、自分の力が及ばない時にはお祈りしてしまう。私が幸せになりますように。家族が幸せになりますように。私の知っている人たちが幸せになりますように。いろんなことがうまくまわりますように。
 最近、信じるものを持ちたいと思うようになってきた。
 信じるものがある人って、強いと思う。私も信じるものを持とう。何かを信じるって、思い込みで、狂信的で、偏狭な部分が出て来そうで怖いって思っていたけど、私みたいに弱くて、考えがぶれまくっていると、周りが迷惑だし、なんか足踏みが多すぎる。シンプルに、信じるものを持ちたい。

- - - - -
(c)新世紀エヴァンゲリオンの主人公のセリフ(http://www.youtube.com/watch?v=ut-522Wuokk&NR=1)。私はエヴァに挫折しているので、よく知らない。いつか、ちゃんと見ようと思っているのだけど。

- - - - -

 最初、タイトルに「現実から逃げるための助走のようなもの」と書いて書きだした。なぜなら、現実逃避として、blogに変な文章を書きたくなったから。でも、書きながら、これは、現実に戻るための助走として書いているような気もした。どちらにしても走る準備。夏の終わりで、気持ちがちょっと疲れているんだ。ちょっと走り続けるのに疲れている。私は弱い弱い人間だから。でも、走るのをやめるわけにはいかない。がんばろう、がんばりますってばかり言っているけれど、そういってないと、ほんまに一歩も動けなくなる。

 疲れると、文章を書き散らしたくなるのは、多分、誰かに話を聞いてもらいたいから。でも、もともと私の話はとりとめがないし、今は上に書いたような返答に困るようなことばかりが頭に浮かぶ。私も誰かにこんなこと、言われたら、「あん?だからなんなん?何がいいたいん?」と詰め寄ってしまうよ。ヒトカラでもして、飲むのがいいかもね。

|

« 形なきものを枠に押し込める 枠に入りきれない部分は多いけれど | トップページ | 終わらない8月 エンドレスサマー »

コメント

お話をたくさん聞かせてもらいたい気分になります。
11ヶ月まえに仕事場を離れて、自分と真正面から向き合う羽目になり、自分を含めいろいろヒトについて考える機会が多い日々を過ごしています。いまも。
集中して掘り下げて物事を考える習慣のなかった私には、最初はひどく苦痛な時間でした。
最近ようやく、いろんなヒトの話から何かを得る手順が手業として身について来た気がして、新しくヒトと知り合うことに猛烈に飢えるようになりました。

投稿: pent_jp | 2010年8月31日 (火) 16時26分

>pent_jpさん
コメントありがとうございます。

私にとって文章を書くということは、箱庭療法みたいなことなんです。
特に病んでいるというわけでもないのですが、子どもみたいに精神面が弱いので、頭の中からはみ出る何かを吐き出すことで、どうにか毎日を暮らしているというか。
もっと論文とか、研究とかを深く深く考えないといけないことは、たくさんあるんですけどねー。
気がついたら、こういうムダなことを書きたくなるんです。

というわけで、いつも読んでくださりありがとうございます。

投稿: ぴか | 2010年9月 5日 (日) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 形なきものを枠に押し込める 枠に入りきれない部分は多いけれど | トップページ | 終わらない8月 エンドレスサマー »