« 冬に閉じ込められる | トップページ | 結婚前は、お母さんになってほしいとオットにお願いしていた »

2011年1月21日 (金)

愛も夢も口に出すものじゃない

 言葉は、常にそれが意味するものと相反するものを孕んでしまっている。

 「好きです」と口に出した途端、愛の消失が忍びよるのを感じる。「信じている」は、信じていなくて、信じたいからこそあえて言っていたりする。「お祈りします」も、口に出した途端、具体的にその人のために何もできないからこそ、せめてお祈りだけでもという気持ちの表れだったりする。

 言葉っていうのは危うい。言葉はいつも伝えたい相手に伝わらない。言葉として形になってしまったがために、すがりついたり、それを根拠にして誰かをなじったりしてしまう。そして、最終的にわかりあうのは、わかり合えないってことだけかもしれない。

 でも、わかり合えなかったということは帰結に過ぎないはず。わかり合いたいとかわかってほしいとか、そういう途中経過がないと、コミュニケーションをとろうとしている意味なんかないんじゃないかって思う。

- - - - -

 中学生の頃、「筋肉少女帯」に耽溺していた。筋肉少女帯の歌詞は、基本的に愛も恋も嘘っぱちなんだという内容ばかりなのと、見世物小屋的ないかがわしい雰囲気とで、厨二病を患っていた私の心によく馴染んだ*。先日、ふと、youtubeで筋肉少女帯のPVを探して聴き直してしまったのだけど、大槻ケンヂっていう人は、すごく照れ屋だから逆説的な歌詞をわざと書いているんじゃないかって思ったりした。例えば、下記の歌詞なんかは、他者と寂しさをわかちあえる可能性を信じているから、書けるのかなぁと。愛も夢も信じていない人間は、こんなこと、言葉にできないだろう。

愛も夢も口に出すもんじゃないのにニャー
 結局あれだニャー
 みんな一人で生きるのも死ぬのもおっかなくて寂しいから
 せめて道ずれを求めてるだけなんだニャー(「暴いておやりよ ドルバッキー」より)

- - - - -

 言葉に頼るのをやめたい。言葉以外で、きちんと態度で伝えたい。そんな気分なんです。

- - - - -

* 大槻ケンヂさんの影響で、「あまねくすべて」とか「なすがまま」とかいう言葉の語感が大好き。

** 筋肉少女帯に耽溺しながら、Flipper's Guitarとかの小洒落た音楽が大好きな中学生だった。そして、筋肉少女帯は、存在を知っていることすら隠してた。高校生の頃、彼氏さん(しかも最初の彼氏さん)と初めてカラオケに行って、ありのままの自分を見せないといけないと意味のよくわからない気合いを入れてしまって、筋肉少女帯の「日本印度化計画」を歌った。これは、今となってはいい思い出のような気がしないでもないが、やっぱり黒歴史の一つなんだと思う。ドリカムとかをかわいく歌っとけばいいのに、馬鹿だなあ。

|

« 冬に閉じ込められる | トップページ | 結婚前は、お母さんになってほしいとオットにお願いしていた »

コメント

どうも。いつもお世話になっております。

言葉の話は僕もそう思うのですが、何か「伝えないともどかしい」というところがあって辛いです。

言葉に関しては日々よく考えることではありますが、その中で内田樹がこんなことを言っているのを見つけました。「「言葉の力」とは、私たちが現にそれを用いて自分の思考や感情を述べているときの言葉の不正確さ、不適切さを悲しむ能力のことを言うのである。
言葉がつねに過剰であるか不足であるかして、どうしても「自分が言いたいこと」に届かないことに苦しむ能力を言うのである。」
http://blog.tatsuru.com/2010/05/14_1725.php 

これを自覚すれば少しは表現の方法ということもわかってくるのかもしれませんが、今はまだできてないですね…。

自分語りになってしまいましたが。

投稿: 梓弓つばさ | 2011年1月22日 (土) 10時07分

お返事遅れてごめんなさい。

「伝えないともどかしい」というの、何となくわかります。
ああ。内田樹先生の文章は、ときどき、ものすごく腑におちることがありますね。
言葉は伝わらない、常に誤配される可能性がある、ということまで含んで、コミュニケーションしないといけないと、東浩紀の本にも書いてありました(ウケウリです)

なんかお返事になっていなくてごめんなさい。
言葉で伝えたいと思いつつ、身近な人には言葉と相反しない態度をとりつつ、言葉以外のコミュニケーションも大事にしなあかんなあと反省する日々です。

投稿: ぴか | 2011年1月29日 (土) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬に閉じ込められる | トップページ | 結婚前は、お母さんになってほしいとオットにお願いしていた »