« 文字を残す 忘れぬように 忘れてもいいように | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 関連情報 »

2011年2月25日 (金)

本は自分で選ぶものだと、母が言った

3f1453b5586f4b6f80522c34c2cdc9f3_7

 私は、現実に対応する力が不足している。気がつくとぼーっとしている。妄想の世界に逃げ込みたくなっている。物語の世界に浸り切って、ずっと傍観者でいられたらいいのにって思う。

 でも、自分の想像力が貧困なのもよく知っている。おそらく、自分の思い通りになった世界って、ものすごく陳腐で生きる価値がないだろう。だから、思い通りにならない日々を、どうにかこうにか当事者として楽しんで過ごそうと思う。

- - - - -

 母が教えてくれたことの中で一番ありがたかったのは、本を読む習慣。本を読みなさいと言われた覚えはない。ただ、図書館への行き方、本の借り方、図書館では静かにすることだけを教えてもらった。親の本棚を探っていて、怒られたこともない。どの本を読むとよいとか、この本が面白いとか、お母さんはこの本が好き、とかそういうことを言われたこともない。

 ある時、姉が母に「○○(甥)の国語の勉強の成績が悪い。変な本ばかり読む。いろいろと面白いよと薦めているのに」と愚痴を言ったら、母は笑いながらこんなことを言ったらしい。

「本というものは自分で選ぶものであって、人に薦められて読むものじゃないでしょ」

 母がいいそうなことだ。私も、勉強のためにって太宰治とかドフトエフスキーとか渡されてたら、絶対に読まなかった。私にとってその手の本は、親の本棚からそっと借りて、少し背徳感を感じながら読むものだった。

- - - - -

 最近、娘は一人で本を読むようになった。保育所でも、時折、部屋の隅っこで集中して本を読んでいるらしい。娘が本を読んでいる時に話しかけても、ろくに返事をしない。ひどい時はトイレに行くのも我慢して、キリがいいところまで読むと、走ってトイレに駆け込んでいる。

 協調性の無さ等が少し気にかかるところではあるが、娘のような他人にペースを乱されるのが大嫌いな人間にとって、本を読む習慣があるというのは幸せなことだろうと思う。自分のペースでできるし、空想の余地が多いし、どこでもできるし、何より静か。他人を待つのが苦にならないし。このまま、読書好きに育つといいと思う。本はいつでも望んだ時に友達になってくれるし、裏切らないから。いつでも手軽に逃げ込めるものを持っておくということは、心強いことだ

- - - - -

 ここ数年、cocologのリスト機能を使っていたのだけれども、あまりに使い勝手が悪いので、少し前から読書メーターとブクログを使い始めた。

 読書メーターは、絵本であろうが漫画であろうが仕事で読んだ本であろうが、とりあえず読んだ本すべてを登録している(見直したら、最近、漫画ばっかり読んでるなぁ。ちゃんと本を読め、私)。ブクログは、引用ができるのと少し長い文章が書ける。ちょっと長めの感想やメモを書きたい時などに活用しようかと思っているけれど、まだあんまり書いていない。

 読書メーター:http://book.akahoshitakuya.com/u/76865

 ブクログ:http://booklog.jp/users/t80935
 感想/メモはこちら→環境の政治経済学(除本 理史,上園 昌武,大島 堅一著)コララインとボタンの魔女(DVD)ジョゼと虎と魚たち(DVD)ショートカット(柴崎 友香著)

 本の感想などを書きだして思ったのは、ただの愛好者でよかったってこと。物語の世界に浸るのはとても楽しいことだけど、自分の感受性の低さとか、受け止めたものを表現する能力の低さとかにうんざりしてきた。子どもの頃は、小説家などの本を執筆する仕事につきたかったんだけどな。(比べるのもおかしいかもしれないが、「未映子の純粋悲性批判: 大島弓子を読めないで今まで生きてきた」を読んで、ちょっとショックを受けた。最近、バナナブレッドのプディングを読んで、川上未映子さんの感想に強く共感したのだけど、こんなに読ませる文章を書くことはできない。すごいなあって、ただただ指を加えて感心するのがちょうどよいと思ったのですよ)

■写真:最近の娘の就寝時の友だち。魔女の宅急便は、私にとっても大事な友だち。親元を離れて暮らすことの心細さ、自分の居場所をどうやって作るのか、自分のやりたいこととできることの折り合いをどうつけるのかといったことに、自分のことをついつい重ねてしまう。

|

« 文字を残す 忘れぬように 忘れてもいいように | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 関連情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文字を残す 忘れぬように 忘れてもいいように | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 関連情報 »