« だましているのなら、一生上手にだまし続けてほしい | トップページ | 引越しの理由はだいたい100個ぐらいあったのだけど、よく考えれば何一つなかった »

2011年3月31日 (木)

原発について思うこと

ブログネタ: 原子力発電について、どう思う?参加数拍手

 ちょっと時間がないので、調べも熟慮も足りないと思うのだけれども、感情の整理として、原発について思うことを書きます。

 少し前まで原発のことについて書くこと、喋ることはかなりセンシティブな話題であった。思想や政治性に強く結びついていて、少しでも反原発である自分の立場を表明すると「左」だとか何らかの決めつけをされるように感じていた(私はかなり左寄りの考え方なので、決めつけられてもどうということもないのだけれども、これについて議論するのは面倒くさくて避けたかった)。

 それが311以降、大きく変わった。

 ずっと恐れていたこと、高校生の頃に原発について少し調べたあたりに抱いた恐怖が現実になってしまった。

 私の出身の福井県には15基の原発がある。私が高校生の頃、美浜原発で非常用炉心冷却装置(ECCS)が稼働するという事故が起こった。その際、原発関係者が事故を県などに連絡するのが遅れていた。

 少し調べると、原発関係者は事故を隠蔽する傾向が強いこと、チェルノブイリでも事故を隠蔽したがために被害が拡大したことなどがわかった。そして、原発を誘致することで、多額の補助金が国から落ちていること、原発があることで地域の産業が潤っていることなんかもわかった。(今となっては内容に不適切なところも多いと思われる)広瀬隆氏の本を読んで、原発誘致はいざという時にお前らの土地を見捨てるぞというメッセージを受け入れることなのではないかと思ったりした。

 福島の原発事故に関するニュースは毎日のように流れてくる。関東圏では、通常よりも大気の放射能濃度が高い(http://atmc.jp/)。少し前に東京の水道水から放射性のヨウ素が検出された。福島では多くの人が避難を余儀なくされているだけでなく、風評被害(福島第1原発:農家ら風評被害を懸念 放射線検出)やいわれのない差別(例えば、福島からの被災者、宿泊拒否しないで 厚労省呼びかけ)に苦しんでいる。

 私の不勉強なのかもしれないが、現状のところ、放射能が身体に与える影響はよくわかっていない部分が多いのではないかと思う。現状で放射能と疾患の関係で明確になっているのは、小児性の甲状腺癌。他の疾患(白血病など)については、関係性が明確になっていない。感情的なものいいかもしれないが、"数十年が経ち、仮に不幸にも福島原発事故の影響と思われる健康被害が続出したとしても、被害者達は何十年も闘い国に保証を求めなければ、国家は知らん顔を通す" 可能性はあると思う。他の公害被害でも、何の罪も無い被害者は何十年にもわたって国や大企業相手に闘いを行わなければならなかった。訴訟の際、疾病と公害の関係性を明確に示さなければならなかったのは原告側だ。原告側って基本的にそこらへんにいる普通の人。科学的な根拠を示すのは容易ではない。しかも、今までの公害訴訟では、訴訟を起こすことで差別を受けたり、コミュニティの中で迫害されたりということが起こって来た。

 そして。福井の高速増殖炉もんじゅ。もんじゅのことはこちら(福島原発以上に危険性のある高速増殖炉もんじゅで今起きていること)にわかりやすい説明がある。もんじゅのことを考えると本当に恐ろしい。お願いだから状況が改善されるように、福井に大きな地震が来ませんようにと祈るばかりだ。

 おそらく、原発は縮小して行く方向にいかざるをえないだろう。それに伴い、私達のライフスタイルは大きく変わるはずだ。少し前まで実現性が小さいように感じられたスマートグリッドの検討を本気で勧めていかないといけないだろう。

 不安を煽っても仕方がない。当面のところ私は安全な関西圏にいるのに、何を言っているんだと思われても仕方がない。そして、反原発と思いながらも、今までとりたてて何もしてこなかった(小さくは「クーラーを絶対に買わないと決めている」とかはあるけれど、それでも電気にかなり依存した生活をしている)。私に今すぐ何ができるというわけでもないが、きちんといろんな情報を取得し、きちんと熟慮していこうと思う。

- - - -
原発を擁護する : アゴラ - ライブドアブログ:読みながら、あまりのバカらしさに怒りで体が震えた。著者がどういう方なのか存知あげていないが、被害を小さく見積り過ぎている。こういう人たちが、原発を推進してきたのか。他人の命や長年の文化を疎かにしてまで、便利な生活を享受したい、経済大国を維持したいっていうのは、非合理だと思うし、そんなの誰も望んでいない。それに、今回の原発事故によって傷つけられた日本のブランド力というのは、莫大なものだと思う。あまりにも現実が見えていないように感じる。

日本が今後採るべき電力供給戦略について
発電原価について。原子力は、事故が起こらなくても発電原価が安かったわけではない。でも、blogタイトルがちょっとどうかと。

切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog
赤ちゃんの顔を見ながら、仕事と家庭の両立について思う(雑感)
東日本大震災の気分的総括について
この方のblogにこんなに共感をする日が来るとは思わなかった。

|

« だましているのなら、一生上手にだまし続けてほしい | トップページ | 引越しの理由はだいたい100個ぐらいあったのだけど、よく考えれば何一つなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だましているのなら、一生上手にだまし続けてほしい | トップページ | 引越しの理由はだいたい100個ぐらいあったのだけど、よく考えれば何一つなかった »