« そろそろ私は目を覚ましたら、別の私になっていてもいいような気がする | トップページ | 提出し忘れていた夏休みの日記2 ー上の娘はエネルギーがあまって仕方がないみたいだったー »

2011年9月 7日 (水)

提出し忘れた夏休みの日記1

1315374475281.jpg

1315374476626.jpg


夏休みが終わってもう一週間がたちました。mixiに書いていた夏休みの記録をこちらに転載します。出し忘れた宿題を九月になってから出すような感じですね。まずは一週目から。

7月18日(月)
私の学部時代の友人が我が家にきてくれた。会うのは数年ぶりのはずなのに、話が弾んで楽しかった。 昔の友人は、話し始めるとすぐ昔の関係に戻れるように思う。ボケとツッコミの役割分担も変わらない。(私は、天然ボケという大変不名誉な役をいただいています。ボケは賢くないとできないけど、天然ボケは馬鹿っぽい)この日は、久々にめっちゃ笑った。

19日(火)
娘一号は、台風のため、小学校からすぐ帰ってきた。時間を持て余し、夏休みの宿題をあらかた終わらせた。図画の課題もした。

20日(水)
娘一号の終業式。通知表には、良いことしか書かれていなかった。積極性があり、集中力があるとか。午後からは図書館へ。娘は、借りられるだけ借りたのに、あっというまに読んでしまった。今は、怪傑ゾロリにはまっている。怪傑ゾロリは、小学生が大好きなダジャレがふんだんに使われている。

21日(木)
今日から本格的に夏休み。娘一号は小さい時からずっと保育所暮らしなので、長い休みは初めてで、すごく喜んでいる。朝起きた瞬間からずっと喋り倒している。キンキン声が耳に痛い。夕方はスイミングスクールへ。

22日(金)
簡単なお弁当を作って、春日大社まで歩いて行った。春日大社は森の中にあるので、夏でも涼しい。初めて来たはずなのだが、絵葉書などでよく見た風景のせいか、確認作業をしているような気持ちになる。本殿をぐるりと囲むたくさんの灯籠は、お盆と冬の万灯籠の際に灯るらしい。

23日(土)
娘一号、午前中はミニバスケへ。一年生は一人だけなのに頑張って行っている。
夕方は、娘一号が三月までかよっていた保育所の納涼祭へ。懐かしい人々にたくさん会えた。いろんな方に赤ちゃんの誕生を祝ってもらい、「戻っておいで」と言われた。いつでも帰ることができそうなのが困る(>_<)

24日(日)
金沢にいた頃の友人のFさんとその友達のYさんが子どもちゃんを連れて来てくれた。Fさんに会うの、7年ぶりぐらい。子ども同志は月齢児の時に少し会ったことがあるのだけれど、ほとんど初対面。でも、同じ年齢ということで、概ね仲良く遊べてよかった(途中で喧嘩もしたけれど)。Fさんから、いろいろと気づいていなかったことを教えてもらい驚く。Yさんとは共通の知人がいることが判明し、世界は狭いと驚いた。この日はびっくりしてばかりいた。

|

« そろそろ私は目を覚ましたら、別の私になっていてもいいような気がする | トップページ | 提出し忘れていた夏休みの日記2 ー上の娘はエネルギーがあまって仕方がないみたいだったー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そろそろ私は目を覚ましたら、別の私になっていてもいいような気がする | トップページ | 提出し忘れていた夏休みの日記2 ー上の娘はエネルギーがあまって仕方がないみたいだったー »