« 提出し忘れていた夏休みの日記6 | トップページ | 他人の夢の話ほどつまらないものはない »

2011年9月13日 (火)

提出し忘れていた夏休み日記7 ー夏休みはもう終わりー

1315472821166.jpg

夏の空

1315472822391.jpg
娘二号は首を持ち上げることができるようになった

夏休み7週目。最後の週。やっと初めての夏休みが終わり。 娘一号が物心ついて以来、こんなに長い時間を娘一号と一緒に過ごしたことがなかった。お互いに、とてもとても疲れたと思う。 今は、学校が始まった喜びをお互いにかみしめている。

29日(月)
横浜から知り合いの大学生の子が遊びに来た。お土産に地図トランプと鳩サブレをもらった。お昼ご飯には、なすときのこ入りのキーマカレーを出す。以前、来たときは、佐用町のバスの話をしたが、今回は取るに足らない話ばかりになってしまった。わざわざ遠方から来てくれたのに申し訳ない。
若い子に慕われるのは、素直に嬉しい。(卑屈ではなく)おそらく、私と仲良くしてくれる若い子たちの多くは、私よりも社会にとって有益な人間になるだろう。ささやかなことであったとしても、若い人達の何か助けになることを私がすることができるとしたら、それはとても嬉しいことだ。だから、研究室の後輩をはじめ年下の人達には、尊敬の念を持って接したい。この横浜の大学生の子は、尊敬できる年下の友人の一人。
夕方、娘一号はスイミングへ。来月から公文を始めるので、今週からスイミングは週に2回から1回に減らした。娘一号は、私に似てあんまり運動神経がよくないようだが、この5ヶ月間、週に2回、行っていたおかげで、かなり上手に泳げるようになった。この調子で、きれいな泳ぎ方を身につけることができるとよい。金銭や物は誰かに取り上げられたらそれでおしまいだが、身に付けた技術は誰も取り上げることができない。水泳もそういう技術の一つだと思う。

30日(火)
この日は1日、家で公募書類書いていた(;_;)→また、ダメだったっぽいです(;_;) 今はリハビリ期間だと思って、ぼちぼちがんばります。ふー。

31日(水)
午前中、娘一号はミニバスケへ。午後は、次の日の学校の準備等。
娘二号は、首がかなり坐ってきた。娘たちは、オットによく似た切れ長の眼を持つ。そのせいか、ピンクを着せていても、男の子に間違われることがある。私と違って、マニッシュな服装がよく似合う。

9月1日(木)
娘一号の始業式。
担任の先生が出産のために休業されることになった。2月まで休業と書いてあった。もっと長期間、お休みされてもいいのにと思うが、子ども達のことを心配して復帰されるのかもしれない。
午後からは、公文の体験教室へ。娘一号は、来週から週に2回、公文の学習塾に行くことになった。私自身は塾や予備校に通ったことがなく、小学1年生からこういう学習教室に行かせることに、それほど意義を感じていない。子どもには、勉強よりもゆっくりした時間が必要だと思う。だが、私が仕事に復帰したら学童保育後に時間をつぶしてくれる場所が必要だということ、本人がスイミングやバスケよりも乗り気ということで、行かせることにした。忙しくさせて申し訳ないと思うし、どこかで反動がくるんじゃないかと怖くもある。

2日(金)
学校が始まって二日目。娘一号は、もともと短縮授業だったのに、台風の影響11時ごろ帰ってきた。私は下校指導の当番だったのだが、なくなってしまった。
家の中で過ごすのを余儀なくされたので、午後から娘一号と二人で、「輪るピングドラム」というアニメを見た。意味のよくわからない演出が多くて面白い。主要人物以外の通行人がピクトグラムさんだったり、少女漫画風にお花や星が飛んだり、画面の端でペンギンもどきがちょこまか動いていたり、唐突に変身?シーンが始まったり(このシーンがめちゃかっこいい)。アニメじゃないと表現できない世界。素っ頓狂なやり方で家族を守ろうとする女の子と男の子たちのお話、なのかな?まだよくわからない。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」が下敷きにあるようなので、近いうちに読むつもり。

3日(土)
この日も台風のため、娘一号のミニバスケはお休みになった。オットと娘一号は図書館へ。
私は娘2号と家。次の週の一箱古本市の準備等。しおりを作ったり、売る本のリストを作ったり。

|

« 提出し忘れていた夏休みの日記6 | トップページ | 他人の夢の話ほどつまらないものはない »

コメント

一箱古本市で新井素子さんで足をとめ、綿矢りささんの本を購入したマツイと申します。本は二冊とも読了しました。
やっとブログを拝見、まだ少しだけのぞかせてもらっただけなのですが、わあ!と。思わずコメントいたします。

・奈良生まれですが、奈良に戻るまで京都に十年、福井に少し、住んでいました。
・フリッパーズギターはカセットにとってます(笑)
・京都では上賀茂に住み、交通、観光に関する仕事をしていました。

等々・・・またお会いできるとうれしいです。

投稿: マツミチ | 2011年9月21日 (水) 18時03分

>マツミチさま
わー。コメントありがとうございます。
古本市の時には、新井素子についてお話できて楽しかったです。

他にもいろいろと接点がありそうですね。
本当に、またどこかでお会いしてお話ができるとうれしいです。

投稿: t80935 | 2011年9月27日 (火) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 提出し忘れていた夏休みの日記6 | トップページ | 他人の夢の話ほどつまらないものはない »