« きれいは汚い、汚いはきれい | トップページ | 聞くこと、伝えること、変えていくという意思を持つこと »

2011年11月23日 (水)

見知らぬ人に本を渡す

3de6d621d1cf41b094d422f04dc46c77__2

 先日、大門玉手箱の箱主になった。箱主になるのは9月に続いて2回目。大門玉手箱は、初宮神社という小さいお宮さんで2ヶ月に1回行われる一箱古本市。

 2回出店してわかったことは、一箱古本市は、本を介してお話をする場で、私の好きな本を読んでくれそうな人に手渡す場だということだ。本棚の整理にもほとんどならない。そういうことをしたいのだったら、ブックオフに行くとかアマゾンのマーケットプレイスに出す方が効率的だ。

 竹宮恵子の表紙の新井素子のコバルト文庫を持っていったら、私と同世代の女性が何人か「懐かしい~」と、話しかけてくれた。最近、新井素子が日経新聞でエッセイを書いていること、もう初老といえる年で内容もそれに見合うような老眼などの話題をしているのに昔と同じような女子高生の口語体の文体で書き続けているということ、そういう他愛ないことで盛り上がった(残念ながらその本を持っている方ばかりなので、売れはしなかったけど、それでも持って行ってよかった)。

 赤ちゃんを触りたいと近寄って来た小学生の男の子に、高橋留美子の「人魚の森」をおすすめしてみたら気に入ってくれたのもうれしかった。「人魚の森」は私が子どもの頃に読んでいた20年前の漫画。当時の高橋留美子は、うる星やつら等でループし続ける世界を桃源郷として描いている一方で、不老不死の残酷さをこんな形で描いていた。

 梨木香歩や多和田葉子を買ってもらえたのもうれしい。梨木香歩は「西の魔女が死んだ」が映画化されているのでまだ知名度があるが、多和田葉子はあまり知られていないようだ。犬婿入りが芥川賞をとったの、もう20年くらい前だしなあ。いずれも此方側と彼方側の境目を曖昧にした世界を書く作家で、読みながらうっとりとするし、ぞわわとする。もっとたくさんの人に読んでもらえると嬉しい。

 ほかの箱を覗くのも楽しい。箱の中は、箱主の本棚の一部なので、その人の趣味や人柄がわかって興味深い。今回は安野光雅の赤ちゃん向けの絵本、西瓜糖の日々、諸星大二郎の漫画、猫町の絵本などを手に入れることができて、ほくほくしながら帰った(つまり、うちの本はまったく減っていないんだ……)。

 大門玉手箱では本以外のものもたくさん売っていて楽しい。手づくりのお菓子やパン(プロの方も混じっている)、花瓶敷にちょうどよい板、難民支援活動の手づくり雑貨、マッサージなど。9月には、ハンマーダルシマーの演奏をする方(クポリンさん!)が来られて、ぽろんぽろんと素敵な音色を奏でてはったのも、すごくよかった。

 一箱古本市は2005年に不忍ブックストリートで始められたイベントで、今は全国各地で開催されているらしい。『一箱古本市の歩きかた』(南陀楼綾繁著)には、全国の一箱古本市やブックイベントの情報がまとめられているらしい(ごめんなさい。まだ購入していない><)。また、誰が始めてもよい。開催する時に、一箱古本市をはじめた南陀楼綾繁さんに一言連絡すると、すごく喜んでもらえるそうだ。自分の本棚から本を選んで持っていくだけなので、箱主はあまり準備もテクニックもいらない(でも、手間かけたらかけた分だけ楽しくなると思う)。これは地味だけどなかなか楽しい遊びだなあと思いましたことですよ。多分、これからも定期的に箱主になると思います。

写真:9月の大門玉手箱の様子

- - - - -

|

« きれいは汚い、汚いはきれい | トップページ | 聞くこと、伝えること、変えていくという意思を持つこと »

コメント

新井素子さんの話の者です。20日は風邪をひいてしまい遊びにいけなかったのがとても残念です。
梨木さん、読んでます~。多和田さん、『犬婿入り』は読んで、なかなか生活の中にはいってこないのですが、エッセイなど注目しています。
『愛の行方』がおもしろかったのでいつか『西瓜糖…』もと思いつつ8年ぐらい経ってます(笑)
ちなみによく読むのは漫画は坂田靖子さんで、高橋留美子さんは未読です~。
本の話になるとついつい、長くなりました。
次は風邪をひかないように体調を整えたいと思います(^^)

投稿: マツミチ | 2011年11月29日 (火) 13時41分

マツミチさん

お返事が遅くなってごめんなさい。
多和田葉子さんは、めっちゃ面白いので是非!
「容疑者の夜行列車」と「尼僧とキューピッドの弓」がおすすめです。

『愛の行方』はまだ読んでいませんが、面白そうなので読むのが楽しみです。
『西瓜糖…』は、美しい詩のような文体で、いろんなものが欠けている不思議な世界が描写されていて、ひきこまれました。

坂田靖子さんは未読です(>_<)
高橋留美子も好きなのですが、私が今一番好きなのは大島弓子です。少女漫画なのですが、とても優しい世界で、読んでいて少し勇気づけられます。よかったら読んでみてください。

投稿: t80935 | 2011年12月 7日 (水) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きれいは汚い、汚いはきれい | トップページ | 聞くこと、伝えること、変えていくという意思を持つこと »