« 紹介:環境問題の加害者と被害者 | トップページ | 気の済むまで空を眺める »

2012年6月26日 (火)

無為の豊かさ

最近、病気のせいでぼーっと過ごす時間が長くなった。

お庭を眺めるのは、無為に過ごすのにちょうどいい。

手水鉢に入れているメダカがそよそよと泳ぐさまや、樹木の葉が太陽の光で輝くさまを見ていると、気持ちが落ちつく。

- - - - -


裏庭の紫陽花が満開になった。

紫陽花は花が咲いてから、花の色をどんどん変えるので面白い。

去年は、剪定した時期が悪かったのか、花をつけなくて残念に思った。

庭にほととぎすが来ている。

春の始めの頃のほととぎすは、鳴くのが下手で「けちょけちょ」言っていた。

今はちゃんと「ほーほけきょ」とほととぎすらしく鳴いている。

- - - - -

前庭に百日紅がある。
梨木香歩の「家守綺譚」で、百日紅が主人公に懸想していたが、うちの百日紅は私に懸想する気配はない。

この百日紅にアシナガバチやスズメバチが何匹も来るようになった。
最初、どうして来るのかよくわかっていなかったが、百日紅に大量についている貝殻虫を食べにきているようだ。
昨年は、時間があったので、せっせと貝殻虫を退治していたが、今年は私が病気になってしまったのと時間がないせいで、幹が白くなるほど百日紅に貝殻虫がついている。
貝殻虫は見た目が悪いだけでなく、樹木を弱らせる。
さらに、蜂まで呼ぶとは知らなかった。

オットが蜂対策として、ワインや酢などを混ぜた誘引剤を入れた罠を作った。
スズメバチが数匹捕まっていのだが、ヤモリも捕まっていた。

ヤモリは「家守」で、害虫を食べて家を守ってくれる。見た目もかわいらしくて好きだ。
かわいそうなことをしたと思い、割りばしで罠から出してやったのだがどうも動きがおかしい。
どうやらワインに酔っぱらっているようだ。動きがとてもゆっくり。

下の子を連れてきて、ヤモリがゆっくりと戸の隙間から逃げていくのをぼんやり眺めることができるくらい、ゆっくりだった。
下の子は、生まれて初めて見たヤモリにひらひらと手のひらを振っていた。

- - - - -

今、病気のせいで、とても生産性が低い。こんなことだと、この先やっていけるのかとても不安になる。でも、「環境教育学」の『無為の豊かさ』という章を読んだら、少し不安が和らいだ。

無為とは、労働して生産するという営みからいったん身を引くこと。
無為において初めて現れてくることがある。それは共に在るという人間の根本的かつ根源的な在りよう。
私が他の誰でもないこの私として存在することそのものが、共にあることと同時に、かつ共に在るなかで初めて立ち現われてくるのである。
主体的にふるまう時、私たちは協約可能性によって他者と絶対的に分離・分割されていることを忘却している。それゆえ、つい他者を自分(の意図)に同一化するべく対象化してコントロールしようとする。

庭は、病気の私の心を和らげてくれる。無為に過ごした時間を肯定しようと思う。

|

« 紹介:環境問題の加害者と被害者 | トップページ | 気の済むまで空を眺める »

コメント

こんにちは!はじめまして。
《土木 愛》 でYAHOO検索していて、こちらにヒットしました。

私も、現在30歳・既婚女性(子供はまだ)です。
元 市役所土木職職員でした。6年間務めている中では、仕事の重責を感じてつらいこともありました。
やめてから3年。この間も仕事には就いていましたが、やっぱり社会における土木業の重大さ・偉大さは日々感じていて、愛は募るばかりです(笑)

これから、また拝見させてもらいますね^^*
つい嬉しくて書き込みしてしまいました~☆

がんばってくださいね!!

投稿: tocco | 2012年7月13日 (金) 10時36分

>toccoさま
初めまして!
わー。土木愛について、ぜひいつか一緒に語りましょう。
最近、このブログでは、土木に関する話題をしていないのですが、また、ぼちぼち書こうと思います。

投稿: t80935 | 2012年7月21日 (土) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紹介:環境問題の加害者と被害者 | トップページ | 気の済むまで空を眺める »