« 知らない人を呼び込むことには抵抗があるらしい | トップページ | わすれます わすれます. なにもかも わすれます »

2012年10月27日 (土)

猫の視点

 ランドスケール・ブック 地上へのまなざし 現代建築家コンセプト・シリーズ 12(石川初著、LIXIL出版)を読んだ。 建築や土木とは異なるランドスケープならではの街の見方。広域の視点を持ち込むと、地図や街がこんなに魅力的にみえてくるのかと目から鱗が落ちた。 猫ログ、上水道網は道路網のようで下水道は地形に沿っている、時層写真などなど、様々な発見があり刺激的だった。

 上下水道のネットワークがどうなっているかなんて、考えたことなかったなあ。学部生の時に、上下水道について授業を受けたはずなんだけど(>_<) 合流式、雨水と汚水を分ける分流式があって、分流式の方が水質保全の面でメリットがあるけれど、日本の都市部は合流式が多いんだよ、とかぐらい。

 なかでも、猫ログによる知見は、猫好きのまち歩き人にとっては、大変興味深いものだと思われる。
最近、小型で軽量なGPS受信機やビデオカメラを購入したため、猫の首にそれらを取り付けて見た。 描かれた軌跡マップはちょっとした衝撃だった。 まず、想像していた以上に広範囲を、かなり高速に動き回っていることがわかった。 また、猫には高さ1m程度の境界フェンスはまったく行動の障害とはならず、むしろブロック塀等は「動線」となっていることがわかった。 猫の軌跡をヒトとの軌跡と重ねて表示してみると、ヒトの行動がいかに敷地境界や道路の配置と言った社会制度に沿ったものであるかが浮かび上がる。 一方、猫の「自由さ」にも、ある決まったテリトリーの輪郭や、横断しにくい道路のような、ネコなりの「制約」があるらしいこともわかった。 (
 

ランドスケール・ブック(石川初著、LIXIL出版))

 ああ、面白いなあ。猫から見えている町と、人から見えている町は、まったく違っているんだろうなあ。
 猫の視点といえば、「私は猫ストーカー」は、猫の視点から街をみる映画。
 ロケ地は谷根千あたりらしく、猫の目線からみた下町の魅力が伝わってくる。
 公式サイトの猫ストーカーの心得は、必読。
私は猫ストーカー <予告編>
I
<公式サイト> http://nekostalker.jp/

|

« 知らない人を呼び込むことには抵抗があるらしい | トップページ | わすれます わすれます. なにもかも わすれます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知らない人を呼び込むことには抵抗があるらしい | トップページ | わすれます わすれます. なにもかも わすれます »